秋にアゲハの幼虫発見。

10月も最終、そろそろ秋本番で既に朝晩は寒く感じます。そんな中『カラスザンショウ』の葉っぱで元気な幼虫を発見しました。

 

↓ 段階が異なるので色は違いますが、同じ種類だと思われます。種類は『クロアゲハ』の様です。

f:id:kuksa:20211109165515j:plain

 

左側の鮮やかな緑色をした終齢幼虫をツンツンとしてみると、赤い臭角を出します。一般的な『ナミアゲハ』は黄色ですが、こちらは赤です。赤い臭角を持つのは『クロアゲハ』と『モンキアゲハ』との事で、背中の模様からしても、どうやら『クロアゲハ』の様です。

 

↓ 餌としていた『カラスザンショウ』の葉っぱと実。

f:id:kuksa:20211109165535j:plain


現在は、自宅の壁に蛹の状態でくっついています。他にも幾つか蛹がくっついていますが、いつか蝶が沢山舞う、蝶温室の様になれば良いのになぁ~と思っています。

 

では、また。