固形も液体も量り売り。

何でも量り売りのお店『斗々屋』さんがオープンしたのが7月末。コロナがとても心配だった頃で、行ってはみたいけれど…と思っている間に秋になっていました。そして、行ってからも早2週間は経ったでしょうか。少し前の事となりますが、ご覧下さい。

 

↓ 固形に限らず、液体でも何でも量り売りのお店『斗々屋 京都本店』へ行きました。お店の中には食品に限らず色々な物が売られています。しかも、全てが量り売り!!!

f:id:kuksa:20211101181511j:plain

 

↓ 海外のマルシェの様なおしゃれな店内で、彩鮮やかな野菜を選びました。

f:id:kuksa:20211101181243j:plain

 

黒いピーマンは『浜クロピー』と言います。火を入れると黒色が緑色になります。個人的には「折角の黒が…」と少し残念に思いつつ調理をする種類です。

 

↓ この日は紫色のとうがらしもありました。「黒っぽいので揃えてみよう!」と黒い野菜を買いました。

f:id:kuksa:20211101181527j:plain

 

↓ 穀物類の量り売り。

f:id:kuksa:20211101181703j:plain

 

ガラスの瓶を持参するのも重たいし、自転車でガチャガチャするのも気になる!と思い、再生紙の紙袋を沢山持って買い物に行きました。そんな紙袋で持ち帰りたい場合、専用の計量カップ?に欲しい分量を入れてラベルを出してから移し替えます。自分でラベルを出す辺りは、フランスのスーパーでも経験済み。慣れれば目分量でもかなり正確に量れる様になります!デポジット式の瓶もありますので、手ぶらでのお買い物も可能です。

 

↓ 大きめのパスタやマカロニ類。この辺りはシチリア島産です。

f:id:kuksa:20211101181720j:plain

 

↓ 珍しいホーリーバジル。スーパーでは、イタリア料理に使わる事が多い『スイートバジル』を見掛ける事はありますが、タイ料理のガパオライス等に使われる『ホーリーバジル』はどこにでも売っているわけではありません。

f:id:kuksa:20211101181741j:plain

 

真ん中の『バタフライピー』もお茶としてお湯を入れると真っ青になります。青い色が出る為、最近では青いチョコレートとして『バタフライピー』が使われた物もあります。

 

↓ 日用品。シリコンで出来た綿棒もありますが、綿棒はやっぱり〝綿〟で出来た物が好みです。。。

f:id:kuksa:20211101181802j:plain

 

↓ 石鹸入れ。『アガベ』の繊維で出来ているそうです。『アガベ』はサボテンの様なアロエの様な植物で、テキーラの材料となったり、シロップになったりもします。

f:id:kuksa:20211101181824j:plain

 

↓ 化粧品の類。

f:id:kuksa:20211101181841j:plain

 

↓ スーパーとなっているお店の奥では、レストラン?カフェ?もあります。デリや写真の様にカヌレのテイクアウトも可能です。

f:id:kuksa:20211101181904j:plain

 

初めてのお店で買い物の仕方に少し戸惑いましたが、お店の方が親切に教えて下さるので次回は心配無くお買い物が出来そうです。

 

↓ 店内の壁面の絵が可愛らしいです!!!

f:id:kuksa:20211101181922j:plain

 

↓ そして、入口には少しお安くなった見切り価格の商品もあり、この辺りは普通のスーパーと同じです。

f:id:kuksa:20211101181225j:plain

 

帰りには『Bakery uki(ベーカリーウキ)』にてパンを買って帰りました。とにかく小さなお店なので、1組入れば満員です。また、パン屋さんについてもいつか書きたいと思います。今回は写真がありません。

 

では、また。