美蛾オオミズアオさん。

一般的に、蝶は美しい!でも蛾は気持ち悪いや汚い…と勝手に思い込んでいる傾向があります。「蝶が好き」と言っても不思議がられる事は少ないかと思いますが『蛾が好き」と言えば、その瞬間〝虫好き〟や〝虫オタク〟に決定されます。ですが、蛾にも美しい蛾は沢山います。その1つが『オオミズアオ』です。『オオミズアオ』はとても大きく、10cm前後にもなり、淡い浅葱色の様な色をしています。更に「この蛾は美しい」と感じるのはどこの国でも共通している様で、ヨーロッパでは〝月の女神〟とも呼ばれています。そんな素敵な蛾に成長する『オオミズアオ』の幼虫ですが、吉田山の石やどんぐりが落ちる道端に落ちていました。「こんな所に落ちていたら誰かに踏まれる」と思い、救出して持ち帰り、種類を調べる事にしました。そう、このタイミングでは種類は分かっていなかったのです。そして、調べてみると『オオミズアオ』だと分かりました。それにしても「どうしてこんな所に?」と不思議に思います。

 

↓ 長いヒゲが特徴的。傾向の黄緑色で毒々しいですが、毒はありません。

f:id:kuksa:20210924174843j:plain

 

どんな植物を食べるのか調べ、ご飯となる植物も準備しました。このまま無事に育ってくれる事を願うばかりです。

 

◆追記◆

折角連れ帰り、娘ちゃんも成長を楽しみにしていた幼虫ですが、持ち帰った翌日から様子がおかしく、次の日には黒くなって死んでしまいました。調べてみると、どうやら寄生されていた様です。寄生の他、餌とした葉っぱが農薬や消毒剤を噴霧されている場合にも死んでしまう事がある様ですが、今回はその心配が無い葉っぱを使用した事から、その可能性は極めて低いと考えられますが、どちらにしてもとても残念です。。。

 

では、また。