滋賀・石川・福井へ①。

今月に入って初めての更新です。毎年、8月の前半は〝やるべき事〟よりも〝やりたい事〟が多くて手が回りません。そして、そんな例年の状況に加え、お仕事があって石川県・福井県へ向かいました。勿論、コロナ対策は出来る限りの事をして備えています!その結果、全ての食事はホテルもしくは各所にある『道の駅』となってしまいましたが、それも地の物を味わえる楽しみとなりました。これから数回にわたって、石川県・福井県での様子をお届けします。ただし、初回の今回は、寄り道をした滋賀県についてです。

 

↓ 自宅を出て、滋賀県の琵琶湖を経由して石川県を目指しました。最初に訪れたのは滋賀県にある『道の駅 妹子の郷』です。トイレ休憩と食事の調達を行いました。

f:id:kuksa:20210818023303j:plain

 

こちらの名前となっている〝妹子〟は歴史でも有名な小野妹子の事で、近江国滋賀郡小野村(滋賀県大津市)出身とされています。遣隋使として「日出処天子~」の国書を携えていた人物です。その為、あちこちに小野妹子モチーフが見られます。

 

↓ 販売されているのは、琵琶湖周辺の農作物やお米、琵琶湖産の魚を使った食品が多いです。旦那さんはアユのお寿司を選んでいました。

f:id:kuksa:20210818023326j:plain

 

↓ 娘ちゃんは淡海地鶏(たんかいじどり)の炊き込みご飯をセレクト。渋い!

f:id:kuksa:20210818023353j:plain

 

『琵琶湖』は現在では『びわこ』と呼ぶのが一般的ですが、昔は『淡海』と書いて「たんかい」や「あはうみ」、その他にも色々な呼ばれ方をしてきました。『古事記』では『近淡海』と書いて「ちかつあはうみ」とされている様です。歴史ある物はしばしば呼び名が変化している事があります。以前訪れた『滋賀県立琵琶湖博物館』でのレストランにはこれまた琵琶湖を意味する〝にほのうみ〟と名の付く御膳があった様にも思います。

 

↓ 『新旭水鳥観察センター』に立ち寄りました。

f:id:kuksa:20210818023430j:plain

 

↓ 双眼鏡や望遠鏡が借りられました。娘ちゃんは何故かこの日は「早く行こう!」とあまり興味を示さずでした。その答えは後程、分かりました!!

f:id:kuksa:20210818023500j:plain

 

↓ 鳥の剥製が並んでいます。

f:id:kuksa:20210818023524j:plain

 

↓ 『ミコアイサ』を身近に見られる機会はそう無いので、剥製を観察。

f:id:kuksa:20210818023719j:plain

 

↓ 近くで見られる植物のポストカードも販売されていました。

f:id:kuksa:20210818023738j:plain

 

そして、娘ちゃんが「行こう!行こう!」としていた理由…。それは、とにかく琵琶湖に入って遊びたかったからです。水遊びが大好きなので、琵琶湖に入れると聞いてしまった以上、鳥の観察どころではありません。その後『今津浜水泳場』に移動して水遊びをしました。娘ちゃん、大満足です。

 

↓ こちらは、カメラを水に浸して撮った水中の写真。すぐ近くで娘ちゃんと旦那さんが遊んでいるので多少濁っていますが、綺麗な水です。

f:id:kuksa:20210818023806j:plain

 

娘ちゃん、良しとすれば1日でも遊んでいそうですが、思い出して欲しいのです!私たちが目指している目的地は石川県です!!琵琶湖はあくまで経由地…。まだ遊びたそうにしているのですが、切り上げて移動です。

 

↓ 再度、休憩に訪れたのは『道の駅 マキノ追坂峠』です。

f:id:kuksa:20210818024036j:plain

 

↓ ここでも、メインは琵琶湖の恵み。写真左側に写っているのは小鮎の天ぷらです。

f:id:kuksa:20210818024101j:plain

 

↓ 有名な滋賀名物『サラダパン』を発見!お漬物の沢庵を刻んでマヨネーズであえた物が挟まっているのだとか…。私は食べた事がありませんが、人気だとは知っています。

f:id:kuksa:20210818024122j:plain

 

↓ わらび餅を発見。旦那さんも私もわらび餅が好きなので、おやつに購入。

f:id:kuksa:20210818024146j:plain

 

↓ その後、ひたすら車で移動。夕方には石川県、予約しているホテルがある『小松』に到着しました。写真は、車窓から見たJR小松駅です。

f:id:kuksa:20210818024210j:plain

 

その後、小松駅近くで夕食を調達しました。色々購入した中で、旦那さんは「お寿司が美味しい!」と言い、滞在中の夕食には毎回お寿司が登場しました。

 

↓ スーパーでは、ご当地っぽい?パンを発見。日頃、スーパーのパンコーナーを見ないので、もしかしたら京都でも扱いがあるのかも!と思いながらも販売されていた2種類を購入。石川県よりちょっと北、信州発の牛乳パン2種。

f:id:kuksa:20210818052401j:plain

 

↓ こちらは、地元感満載のパンでした。薄い食パンにクリーム類が塗られているだけのシンプルなパンです。娘ちゃんが気に入っていました。

f:id:kuksa:20210818052422j:plain

 

その他、帰宅後に食べよう!と思い『小松うどん』の乾麺を購入。先日食べてみましたが、滑らかでとても美味しかったです。お盆のお土産用?に箱入りでも販売されていたので、人気商品なのかもしれません。

 

では、いよいよ次回から本編となる石川県・福井県での内容をお届けしたいと思います。