追加して朽木にも行く。

美山に1泊2日で訪れた後ですが、もう1日追加で行く事となりました。その行先は、朽木(くつき)です。朽木は、古く若狭国小浜と京都を結ぶ街道『鯖街道』の街道街として有名な場所で、滋賀県の琵琶湖の湖西側に位置します。安曇川の上流に隣接し、自然豊かな場所です。

 

↓ 今回の目的地は『森林公園くつきの森』です。道路は整備されているものの、自然が残っています。

f:id:kuksa:20210725111807j:plain

 

↓ 駐車場に車を停めるとすぐ近くの池?沼?に『モリアオガエル』の卵塊を発見。

f:id:kuksa:20210725111835j:plain

 

おたまじゃくしになると、ここからポタポタと水の中に落ちていきます。それでも、おたまじゃくしがカエルになるには中々過酷な道のりが待っています。色々な生き物に捕食されてしまうのです。『アカハライモリ』は賢く、卵塊の下でおたまじゃくしが落ちて来るのを待っているんだそうです…。

 

↓ 細い細い枝から生えたきのこを発見。

f:id:kuksa:20210725112257j:plain

 

↓ ここでも娘ちゃんは川遊び。ヨシノボリの仲間を捕まえました。

f:id:kuksa:20210725112322j:plain

 

↓ カメラを水の中に入れてみると、ヨシノボリが石にくっついている姿が見られました。他に、『カワムツ』や『タカハヤ』の泳ぐ姿も!

f:id:kuksa:20210725112642j:plain

 

川の近くに、しっかりとした木を見つけ、ハンモックを掛けました。旦那さんはハンモックが大好きで憧れがあるそうです。以前から「ハンモックいいなぁ」と良く言っていたのを聞いています。確かに、揺られながら本を読みつつ爆睡する姿がすぐに思い浮かびます。間違いなく似合うのです。そして、なんと、偶然にも100円均一ショップで500円でカラフルなハンモックが売られていたので買っておいたのです。娘ちゃんも1人で乗るのは嫌がりましたが、パパと一緒だとご機嫌でした。

 

↓ お昼ご飯は道の駅の『朽木新本陣』で調達していました。

f:id:kuksa:20210725112707j:plain

 

↓ パンを購入。娘ちゃんは、大きな牛乳パンを美味しそうに頬張りました。

f:id:kuksa:20210725112930j:plain

 

↓ この辺りは旦那さんと私が選んだ物。焼き鯖寿司が美味しいと言っていました!

f:id:kuksa:20210725112800j:plain

 

↓ 私は筍ご飯。娘ちゃんに買ったのですが、パンが良いそうなので私が筍ご飯です。

f:id:kuksa:20210725112733j:plain

 

↓ 山菜の天ぷらが出来立てと聞いたので購入。ただ、思っていた山菜と少し違って…ヨモギ・ミツバ・ドクダミ・イタドリ・椎茸の天ぷらでした。

f:id:kuksa:20210725112842j:plain

 

ドクダミは生で香る程ではありませんが、ドクダミらしさが弾ける味わいで、強烈でした。確かに、タラの芽やコシアブラ等は季節が異なるので、あるはずがないのですが、予想の斜め上を行く驚きの山菜天ぷらでした。

 

美山に続き、朽木でも充実した時間を過ごす事が出来ました。

では、また近い内に。