きのこの女王と紫陽花。

今日は久しぶりに『京都府立植物園』へお散歩に行きました。暫くの間、緊急事態宣言を受けて臨時休園となっていましたが、6月1日から再開園となっています。久々の植物園に喜んだ娘ちゃんはどんどん歩いたり小走りで進みます。それを追掛けていると、結果的にいつもとは違うコースになりました。最初に向かった先は、竹林や牡丹・芍薬、紫陽花のエリアでした。すると、道端に看板が立っているのを発見です!植物園内で看板が出ている=何かしら見頃の植物がある、珍しい植物の開花といった情報を知らせています。今回は、梅雨時期と秋に竹林で見られる『キヌガサタケ』が出ています!の案内でした。

 

↓ 出ています!〝きのこの女王〟と呼ばれる『キヌガサタケ』です。

f:id:kuksa:20210606010028j:plain

 

白いレースのスカートをまとった様なきのこですが、このきのこの特徴は臭い事…。スカート部分が無いタイプは別の種で『スッポンタケ』と言いますが、どちらにしてもこのタイプは強烈な臭いを放ちます。今迄にも相当数のきのこを見てきた私ですが、実は『キヌガサタケ』に出会うのは初めてで、ちょっと感動しました。欲を言えば「ここにあります!」ではなくて、自分で山の中で初めて出会ってみたかったのですが、見られたという点で満足です。

 

↓ 近くに立つ案内。

f:id:kuksa:20210606010047j:plain

 

↓ 竹林の近くには、紫陽花のエリアがありました。ズラリと並べられた鉢植えタイプや地植えですくすく成長しているタイプと多種多様な紫陽花が見られます。

f:id:kuksa:20210606010159j:plain

 

↓ 紫陽花周辺にはカメラを持って写真撮影をされている方の姿が多くありました。葉っぱの上では、クモを狙う小さな小さなカマキリを見つけました。

f:id:kuksa:20210606010221j:plain

 

↓ 紫陽花らしいブルー。

f:id:kuksa:20210606010331j:plain

 

↓ こちらのピンク系も定番の色味だと思います。

f:id:kuksa:20210606010355j:plain

 

↓ どれもこれも可愛らしく、絵になる花姿をしています。

f:id:kuksa:20210606010423j:plain

 

沢山の紫陽花を見ながら園内をお散歩して楽しみました。「そろそろ、入って来た場所に戻ろうか…」と話していると、梅園近くに着きました。すると、梅の木に実がなっているのが目に入りました。

 

↓ 梅の種類『道知辺』には沢山の実が勢列してくっついています。

f:id:kuksa:20210606010515j:plain

 

最近、スーパーに行くと〝梅仕事〟として梅やシソを使った梅シロップや梅干し等、梅に関する加工方法の案内を見聞きします。そういえば、実家から〝シソジューズ〟が届くと聞いています。きっと、旦那さんがとても喜ぶだろうなぁと思います。

 

では、今日はここ迄。