レンガと間違える重さ。

先日、白川通り沿いの浄土寺辺りにある『オオマエ』のアップルケーキを頂きました。その名も〝オオマエのアップルケーキ〟です。スライスされたカット単位での購入も可能との事ですが、頂いたのは1本丸ままでした。その為「これ、どうぞ」と頂き受け取った時の第一声は「ありがとうございます」では無く「これは?とっても重いけど何が入ってるの?レンガか何か?」と聞いてしまいました。

 

↓ 〝オオマエのアップルケーキ〟は金色のフィルムに包まれています。

f:id:kuksa:20210430022722j:plain

 

↓ 早速、包を開けてみると…こんな感じ。

f:id:kuksa:20210430022841j:plain

 

↓ 毎日10:30頃に第一弾が焼き上がり、その後は1日3~4回に分けて焼かれるアップルケーキ。バターの香りが豊かな生地に甘酸っぱいリンゴもどっさりと入っています。

f:id:kuksa:20210430023056j:plain

 

焼き上がりの時間を見計らって来られる地元のお客さんも多く大人気で、遠方にもファンがおられるとか。私は今回が初めてでしたが、とてもインパクトのある重さのケーキでした。ですが、実際に頂いてみると、案外さっぱりとしてペロッと食べてしまいました。焼き立ても美味しいのでしょうが、少し時間をおいて馴染んだ味もまた格別でした。美味しいアップルケーキ、ご馳走様でした!!!

 

ではまた。