6年前と同じ場所にて。

朝ご飯を食べたのち、急遽出掛ける事になりました。思いついた場所は、京都市左京区花脊にある『大悲山(だいひざん)』と『峰定寺(ぶじょうじ)』です。ここは、花弁が多い八重桜が美しいスポットではありますが、今年は桜の開花が種類を問わず早かったので、どうかと思いつつ向かいました。そして「以前、行った時はどんな感じだったかな?」とブログの中を検索してみると、何と丁度6年前の同じ日に行っていました。

 

↓ 大きな大きな高野槙と仁王門。長い歴史の中での6年、私たちにとっては「6年も経った!」ですが、寿命の長い木からすれば6年なんてあっという間の出来事でしょう。

f:id:kuksa:20210427015841j:plain

 

そんな6年の間に娘ちゃんも生まれ、今回は勿論一緒でした。しかし、ここで思いがけない事に、仁王門より先の『峰定寺』には子どもの入山を認めていませんでした。結局、折角訪れたのですが、中には進めず、周辺の草木を観察して楽しむ事になりました。

 

↓ この時期は『シャクナゲ』が見頃です。アリにとっても良い蜜源なのか、沢山の黒いアリが花弁の中心部に集まっていました。 

f:id:kuksa:20210427015942j:plain

 

↓ 『ショウジョウバカマ』は見頃を終えていました。

f:id:kuksa:20210427020007j:plain

 

↓ 新しい芽からは、何だか勢いを感じます。

f:id:kuksa:20210427020029j:plain

 

↓ 岩場のちょっとした隙間や杉の枯れ枝の合間からは、スミレが顔を出しています。ハートに似た形をしている葉っぱは『カタバミ』です。

f:id:kuksa:20210427020054j:plain

 

↓ 『イカリソウ』の群落。以前も旦那さんが「こんなに沢山咲いているのは見た事がない」と言ってましたが、今年もあちこちで固まって咲いていました。

f:id:kuksa:20210427020456j:plain

 

↓ 『キュウリグサ』らしき可愛らしいお花。

f:id:kuksa:20210427020646j:plain

 

今回も色々な植物を見つける事が出来ました!!!

 

↓ すぐ近くには、摘草料理で有名な『美山荘』があります。

f:id:kuksa:20210427021312j:plain

 

↓ 暖簾の図案が素敵です。

f:id:kuksa:20210427021331j:plain

 

今回は『美山荘』の近くにて、持参したおにぎりを食べました。事前に計画を立てていたわけではないので、本当におにぎりのみ。

 

↓ 帰りには、八重桜を眺めました。やはり、今年は例年より早かった様で6年前よりも緑が多い印象でした。

f:id:kuksa:20210427020318j:plain

 

↓ そんな日帰り散策のおやつには、旦那さんの妹ちゃんから頂いたお菓子を持参しました。他にも『舟和』の芋羊羹、ピーナッツバターも頂き、楽しませて貰っています。ありがとう!!!

f:id:kuksa:20210427021653j:plain

 

では、今回はここまで。