少し遠いけどパンの為。

先日、自宅からは随分離れた場所にある『まるき製パン所』に行きました。二条の近くに用事があり、更に南下して買い求めに行きました。京都には幾つかコッペパンサンドが有名なお店がありますが、ここもその1つです。以前から行きたいと思っていたのですが、中々機会に恵まれませんでした。

 

↓ 自転車をちゃりちゃり漕いで、無事到着。場所は下京区で、堀川通から大宮通へと抜ける松原通沿いの松原京極商店街にあります。

f:id:kuksa:20210419040134j:plain

 

お店1番の人気は〝ハムロール〟だそうですが、最初に目についたのは1袋だけちょこんと佇んでいた食パン。「まず、食パンと…」とお店の方に注文をすると「今日の最後!これが最後の食パン」との事。ラッキーでした。

 

↓ とってもレトロな店構えに、ずらっと並ぶパンの数々。娘ちゃんはちゃっかり1番好きな〝焼きそばロール(焼きそばパン)〟を選んでいました。

f:id:kuksa:20210419040158j:plain

 

この後、家に到着する迄ひたすら自転車を漕いで帰りました。続いては、場所は変わって『岡崎神社』近くのドイツパン屋さん『Bäckerei PERKEO Alt Heidelberg(ベッカライ・ペルケオ・アルト・ハイデルベルク)』へ。

 

↓ テカテカに輝くプレッツェル。娘ちゃんも大好きで、表面の塩の粒を手で払い落してもぐもぐ食べていました。

f:id:kuksa:20210419040227j:plain

 

ドイツパンは味わい深い物が多く、私たち家族みんなが好きです。続いても場所は変わりますが、美味しいドイツパンが買える所です。

 

↓ 下鴨にある『Hunaudieres(ユノディエール)』です。

f:id:kuksa:20210419040248j:plain

 

住宅街にあります。ここでは、ドイツパンらしいしっかりとした茶色に焼き上がる事を「ユノ色」と呼びます。店内には、香ばしい香りが漂うユノ色のパンが沢山並んでいました。ここは『まるき製パン所』と違って、自宅から比較的近くなので、またいつでも買いに行けます。テイクアウトもされているそうで、メニューを頂いたのでまた挑戦してみたいと思います!!!

 

では、今日は美味しいパンのお話でした。

では、また。