動物を眺める春の午後。

今日の午後は、娘ちゃんと一緒に『京都市動物園』に行って来ました。京都の桜情報を見ていると、動物園のペンギンと桜が一緒に写っている素敵な写真が掲載されているのを発見しました。それに合わせて、動物園のホームページにて2月上旬に『キリン』の赤ちゃんが誕生した事を知り、早速訪れたのでした。行ってみると、思ったよりも来園者数が多く、驚きました。以前所有していた年間パスポートが切れていたので、新たに年間パソポートを購入するか1日券にするのか迷った結果、現在は新型コロナウイルス対策で動物とのふれあいコーナーが中止されていたりガラスの無い展示スペースでは動物との距離が確保されたりしているとの事で、今回は一先ず1日券としました。最初に向かったのは、やはり娘ちゃんが大好きな『アムールトラ』でしたが、距離を確保する様に離れた場所からの見学だった為、すぐに『アジアゾウ』を目指して早足で移動です。

 

↓ 『アジアゾウ』の〝美都〟50歳(推定)のお祝いボード。

f:id:kuksa:20210327030421j:plain

 

〝美都〟は生年月日が分からないので毎年1月1日に年を重ね、3月10日を語呂合わせで〝美都の日〟としてお祝いしているんだとか。今年は、50歳記念の年に当たります。

 

↓ 娘ちゃんの熱視線の先にはゾウの姿。

f:id:kuksa:20210327030523j:plain

 

↓ ゾウが鼻の先を器用に使う仕草が特に気になる様で、真剣な眼差しでした。

f:id:kuksa:20210327030549j:plain

 

興味がある動物を目指し、気の向くままに移動します。

 

↓ 動物のふれあいコーナーが閉鎖されていて残念そうに眺めていました。

f:id:kuksa:20210327030808j:plain

 

『ミーアキャット』が気になった娘ちゃん。立ち上がった『ミーアキャット』と娘ちゃんはお互いに見つめあっています。娘ちゃんが手を近付ける素振りを見せると『ミーアキャット』も反応します。『ミーアキャット』の写真も撮れれば良かったのですが、娘ちゃんが目の前にへばりついて断念。写真が撮れないと言えばフラミンゴ…。こちらの動物園では、フラミンゴ6種類の内、4種類のフラミンゴが飼育されています。最も鮮やかな『ベニイロフラミンゴ』や可愛らしいピンクの『ヨーロッパフラミンゴ』等々。ただ、娘ちゃん1番のお気に入りは何故か最も小さな『コフラミンゴ』でした。ここでも、動きません…。私が写真を撮ろうとしていると「ちゃんと見て!」とでも言いたそうに連れて行かれます。。。どうした事か、今日はとにかく『コフラミンゴ』です。売店でも、フラミンゴのぬいぐるみを気に入っていました。

 

↓ そして、今1番見るべきは2月10日に誕生した『キリン』の赤ちゃんだと思います。誕生時、既に体高が約180cmもあるんだそうです。手前が赤ちゃん。

f:id:kuksa:20210327031959j:plain

 

大人の『キリン』に比べると、何だかずんぐりとしていてぬいぐるみの様です。お父さんは〝イブキ〟お母さんんは〝メイ〟で、赤ちゃんの名前は未だ決まっていません。今後、公募されます。とても可愛らしく、折角の機会なので「娘ちゃんにもキリンの赤ちゃんを見て欲しい!」と思っていましたが、ちょこっと見ただけでほぼ素通り…。「キリンの赤ちゃんだよ!」と声を掛けても大きな反応はありません。赤ちゃんと言っても娘ちゃんにとっては大人の『キリン』と同じ〝大きなキリン〟だったのかもしれません。

 

↓ 園内は、あちこちで桜が開花しています。

f:id:kuksa:20210327032848j:plain

 

チューリップ等の春らしい植物も植え込まれ、桜と共に春を楽しめました。結局、ペンギンと桜の素敵な写真は撮れなかったのですが、楽しいひと時となりました。娘ちゃんは、見学後にソフトクリームも食べられて満足そうでした。

 

↓ 最後に…先日訪れた『蹴上インクライン』や『琵琶湖疎水記念館』、右手奥には大好きな『ウェスティン都ホテル京都』も見渡せる写真を1枚。動物園の内側から琵琶湖疎水を眺めています。

f:id:kuksa:20210327033838j:plain

 

写真では写っていませんが、右手側には『岡崎十石舟めぐり』の乗船場があり、観光客の姿もありました。ちょうど満開を迎えつつある今、桜のピンクと青空のブルーで美しい風景を楽しめるのでは?と思いました。

 

週末は、土曜日が晴天で日曜日は春の嵐となるそうです。未だまだ楽しみたい桜、土曜日は何をしようかな?と思います。

では、今日はここ迄。