南禅寺とインクライン。

今日の春探しは『南禅寺』・『蹴上インクライン』周辺。未だ〝満開〟では無いものの、十分に見頃でした。途中『銀閣寺』近くの『哲学の道』も通りながら向かいました。自転車は『南禅寺』の参拝者用駐輪場にとめて娘ちゃんと一緒にお散歩です。

 

↓ 1909年(明治42年)建立の法堂(はっとう)横には桜の木があります。

f:id:kuksa:20210325000953j:plain

 

娘ちゃんも高い桜と空を見上げていましたが、すぐに足元に流れる水が気になり始めて…ひたすら水を眺めています。「お水が気になるのなら、もっと流れている所に行ってみよう!」と向かったのが『水路閣』です。

 

↓ 『水路閣』の上にあがると、沢山のお水が激しく流れています。娘ちゃんは激しい流れには興味が無かった様です。近くに落ちていた椿を持ってすぐに出発。。。

f:id:kuksa:20210325001016j:plain

 

南禅寺』の境内であちこち写真を撮りながらお散歩をして『蹴上インクライン』に向かいます。その間、湯豆腐屋さんやお土産物屋さん、カフェ等も見て歩きます。近くには、先日も見つけた『ツクシ』が一面に生えていて〝ツクシ畑〟になっている場所もありました。

 

↓ 『蹴上インクライン』に到着です。

f:id:kuksa:20210325001049j:plain

 

京都の旅行本やパンフレットにある様な手前から奥へ、もしくは奥から手前へと線路がのびる様な写真を撮れば、人の姿は写り込みますが、斜め方向であれば、タイミングをみれば人の姿が無い写真も撮れる位に空いていました。『蹴上インクライン』は、全長582m、高低差36mです。琵琶湖疎水において船を運ぶ為に建設され、1891年(明治24年)から1948年(昭和23年)に運航されていました。現在は線路のみが残され、撮影スポットになっています。今の時期には、約90本の桜が咲く桜並木になっています!娘ちゃんといっしょに、1往復しました。

 

↓ 自転車では、近くの『南禅寺界隈別荘』周辺も通りました。別荘の1つ『碧雲荘』の桜。有名な枝垂れ桜は未だ少し先です。

f:id:kuksa:20210325001151j:plain

 

↓ 最後に…『哲学の道』の案内板周辺の桜。こちらは見頃となっています。

f:id:kuksa:20210325001215j:plain

 

南禅寺』周辺を見て回った後、旦那さんと娘ちゃんが好きな〝焼きそばパン〟を買いに『ル・プチメック・OMAKE』迄、チャリチャリと自転車を漕いで行ってきました。そこそこ距離がありますが、途中で『鴨川』周辺や『白川』の桜を見ながらであれば、気にならない日常的な距離でした。これで、今日の春探しはおしまいです。また、明日もお出掛け出来ればと思います。

 

今日はここ迄。