事前の予約が必要です。

先週、高島屋に行きました。前回の記事で10時に用事があったと書いていたかと思いますが、その10時の用件とは『AUDREY(オードリ―)』 に行く事でした。毎年大人気の『AUDREY』ですが、今年は入場そのものに事前予約が必要になっていました。これも密を避ける為との事ですが、長時間並ぶ必要がなくなり、コロナに関係なく有難い制度でした。販売期間は1月20日(水)から2月14日(日)のバレンタイン当日迄で、予約は2週間前から前日迄の間に出来ます。インターネットにて、予約の空き状況を見ながら、訪れる日を決めました。時間も、開店と同時の10時以降、30分間隔で12時からの予約を最終に予約が出来た様に思います。ですが、やはり多少の商品補充があったとしても、開店と同時の10時の枠が最も商品が充実しているのでは?と思い、少し先になりましたが、10時の枠があいている日迄待ちました。それが大正解!全種類あった様に思います。

 

↓ 予約時間の開店と同じ10時少し前になると、店内に促されます。そこで、専用レーンで並びます。例年通りのレイアウト。ここ数年のデザインを懐かしく眺めます。

f:id:kuksa:20210125113647j:plain

 

↓ 私は開店5分前の到着で9番目でした。同じ時間帯の定員は30人。前から9番目だと、2019年の前当たりで待つ事になりました。この年は、顔デザインで、どれにしようかな?と迷ったのを覚えています。

f:id:kuksa:20210125113736j:plain

 

↓ 今年は青と緑に赤が映える色合い。そして、今年も行こう!と思ったのは白い白鳥が素敵だったからです。

f:id:kuksa:20210125113812j:plain

 

↓ 欲しい物、一通り買えました。キャニスターと缶については2つずつ購入。

f:id:kuksa:20210125113835j:plain

 

商品によっては、購入制限がありましたが、入れ物が欲しいだけの私には十分です。個人的には、瓶やキャニスターに入っているチョコレートのお菓子は比較的美味しいと思っています。ですが、つい欲しくなる、毎年異なるデザインの缶に入った〝グレイシア〟と呼ばれるお菓子は好みでは無いのです…。それでも、缶集めが大好きな私にとって、今年も買えた事は大満足です。また、今年のデザインのテーマは詩集の様で、一際目をひきます。加えて、タイトルに事前予約が必要と書きましたが午後からのんびり訪れる分には、当日券を受け取って購入する事になるので予約は必要がありません。ただ、その場合は多くの商品が売切れだと思いますので、事前予約をお勧めします!!!その他、今年は『AUDREY』のホームページでオンライン販売もされている様ですが、こちらも中々購入するのは至難の業の様です。商品を包む袋も紙袋の配布は無く、ビニール袋になるそうです。。。

 

話は変わって…

この日、久しぶりに自分でも「アホだなぁ~」と思う事がありました。それは…忘れ物!『AUDREY』にて沢山の買い物をして大きな紙袋を持っていました。希望の物が手に入り、ご機嫌で高島屋の館内を見て回りました。そして、7階ではバレンタインのチョコレートばかりを売る催事が開かれ、大好きな『BABBI(バビ)』にてウエハースとピスタチオのクリームを買いました。これらは比較的コンパクトで、商品を入れて下さった紙袋も小さかったのです。その後、7階から地下に移動して食料品を購入し、エコバッグに荷物を詰めました。さて、帰ろうと思い荷物を持って帰宅の為にバスに乗りました。ここで事件発生です!乗ったバスが発車したタイミングで気付きました!!!小さい紙袋(BABBI)が無い!!のです。そう言えば、食料品売場で出発する時に小さな紙袋を持った記憶がありません。即座にバスを降りて戻り、食料品売場で「ここに小さい紙袋を忘れていませんでしたか?」とサービスセンターで聞きました。すると、忘れ物があった事、既に7階の拾得物コーナーに運ばれた事を聞きました。また7階です…。7階に行き、忘れた紙袋の特徴を伝えてから受け取って、受取人の連絡先等を記入して提出して帰宅しました…。何て時間と労力の無駄でしょうか…。自分の行動にアホらしくなりながら帰宅しました。とは言え、欲しい物と戻って来た物はどちらもお気に入りの数々でご機嫌な1日となったのでした。

 

では、また。