今年も鶴が舞いました。

連日暑い日が続いていますが、あちこちで秋が近付いている事を実感します。昨日はスーパーで果物を見ていると、今シーズン初入荷の梨がありました。「美味しそう!」と思ったのですが、既に籠には娘ちゃんが好きなバナナとシャインマスカットを入れていたので、また近い内に…と思い手にしませんでした。最近、野菜や果物の価格が高く、いつもの数倍する事も多々あります。そんな中で、日頃の倍以上する普通の葡萄を買うのか、元々お高めのシャインマスカットを買うのか、主婦としては悩みます。この日は、悩んだ結果、その日の広告の品で若干安かったシャインマスカットを選びました。今朝の朝食で娘ちゃんは喜んで食べていました。そして今日、米子ママからお盆にお聞きしていた梨が届きました。

 

↓ 最高級の二十世紀梨『鶴の舞』です!!!

f:id:kuksa:20200831225533j:plain

 

箱姿を見ただけでも高級である事が伝わると思います。昨年も頂きましたが、1度食べたら忘れられない味わいです。昨日、スーパーで梨を買わなくて良かったです。勿論、スーパーで買う梨も美味しいんですが、これはちょっと別格なんです。もし、冷蔵庫に『鶴の舞』とスーパーの梨が並んでいると、どちらを食べのるか真剣に悩みそうです。。。先に特別美味しい梨を食べてしまうと、普通梨の立場がなくなる様な気もするし、美味しい梨は早く食べたいし…です。本当に昨日買っていなくて大正解。

 

↓ 比較対象が無いので大きさが伝わりにくいのですが、とても大きくて迫力があります。

f:id:kuksa:20200831225650j:plain

 

産地の『東郷』の文字が梨の色に映えています!!!そして、今晩早速1つ頂いてみました。昨年の記憶が甦る味わい。最高に美味しいです。頭の中も口の中も、梨で溢れ、鶴が舞いました!旦那さんも「梨の味~」とご機嫌でした。以前にも書いた事がありますが、旦那さんの故郷では、果物の皮を〝剥ぐ(はぐ)〟と言います。私は〝剝く(むく)〟と言うので、最初は聞き慣れませんでしたが、今ではすっかり馴染み、梨は〝剥ぐ〟が正解だと思っています。最近では私の関西弁に影響され、今では関西弁になりつつある旦那さんも、梨を前にすると「梨、剥ぐ?」と言っています。

 

それにしても美味しい梨でした。私の実家にも贈って頂き、感激の知らせが届きました。明日からは9月、梨を頂いた、皆が元気にスタート出来そうです!!!

では、今日はここ迄。