宝ヶ池公園の秋深まる。

ここ数日、一気に寒くなりました。朝晩だけでなく、日中でも自転車に乗る時には手袋が欲しいと思う気温でした。何をするにしても億劫になり、背中を丸めて過ごしがちになりますが、その代わりに季節がまた少し進み、秋が深まります。それと同時に、紅葉が楽しい時期です。さて、いつも訪れる『宝ヶ池公園』はどの程度紅葉が進んだのでしょうか。

 

↓ この位でした。モミジの木は赤く染まり、随分見頃を迎えていました。

f:id:kuksa:20191123192121j:plain

 

宝ヶ池公園』はモミジの数はそれ程多くありません。その為、点在しているモミジを見上げては「ここ、綺麗だなぁ」と立ち止まって眺めます。

 

↓ 池周辺は黄色系に色付く木が多く、全体的に黄色と緑の山です。青空の色が池に写り込み、真っ青です。池の隅っこでは『オシドリ』のオスを1羽だけ見掛けました。

f:id:kuksa:20191123192203j:plain

 

↓ 落葉樹の多くが黄色系になります。太陽の光が射し込み、葉っぱを照らすと、角度によっては透き通った様に見えます。

f:id:kuksa:20191123193410j:plain

 

他にも、オレンジ色になる『メタセコイア』やモミジにも似ている『モミジバフウ』の紅葉も眺めながら散策をしました。途中、ベビーちゃんは鯉が多く集まる所で鯉を触ろうと池のギリギリに寝そべって手を伸ばしてみたり、ソフトクリームの販売があるカフェに走って行ったりと自由きままに楽しんでいました。季節外れのソフトクリームも美味しかったです。

 

明日も休日、のんびりと過ごせたらと思います。

今日はここ迄。