正月三が日の内に初詣。

またまた、数日あいてしまいましたが、元気に更新です!

さて、お正月の三が日についてですが、その間にすると良いとされる事・しない方が良いとされる事があります。例えば…すると良い事は、初詣・書き初め・初夢を見るなんて事が言われます。それに対して、しない方が良いとされる事は、掃除・刃物を使う事・お墓参り等です。ただ、これも地域差があったりすると思うので、一概には言えません。ただ、共通して言える事は、三が日は縁起の良いおめでたい事に繋がる行いをし、福を授けて下さる神様を掃いてしまったり縁を切ってしまったりする陰の行事は避ける傾向があります。

 

↓ そんな〝すると良い事〟に数えられる初詣をしてきました。今年は珍しく三が日の間に、京都にて行きました。1月3日のお話です。場所は『三宅八幡宮』です。

f:id:kuksa:20210113001009j:plain

 

↓ 新型コロナの影響か、立地の問題か、ここは参拝客の姿が非常に少なく、パチパチと燃える薪の音の方が賑やかな位でした。

f:id:kuksa:20210113001031j:plain

 

↓ お正月のお花が飾られています。

f:id:kuksa:20210113001045j:plain

 

↓ お参りを終えて参道を歩いていると、やはりここは八幡さん。ハトの置物が多く見られます。

f:id:kuksa:20210113001110j:plain


↓ あっちにも…

f:id:kuksa:20210113001126j:plain


↓ こっちにも…です。そう言えば、今年はここで〝生きたハト〟を見掛けませんでした。大抵、境内を歩いているのですが…。

f:id:kuksa:20210113001144j:plain

 

↓ ハトは、絵馬のデザインにもなっています。

f:id:kuksa:20210113001202j:plain

 

これらのお守りを見つつ、最後に家族写真を撮って後にしました。また、近くには『三明院』と言う真言宗醍醐派のお寺があります。

 

↓ 『三明院』も人の姿がありません。聳える多宝塔が目を惹きます。

f:id:kuksa:20210113001237j:plain

 

↓ 多宝塔。

f:id:kuksa:20210113001259j:plain

 

↓ 多宝塔の中には、弘法大師がお祀りされています。

f:id:kuksa:20210113001322j:plain

 

これ迄にも、何度か訪れた事のある場所でしたが、御開帳されているのは初めて目にしました。そして、帰宅後に調べてみると、毎月1日のみ御開帳されているそうです。この日は3日でしたが、お正月特別御開帳と言ったところでしょうか。

 

↓ 帰路の途中で、人慣れしたネコと出会いました。

f:id:kuksa:20210113001346j:plain

 

娘ちゃんが喜んで駆け寄るも、逃げずに目を合わせていました。娘ちゃんは「触ったらダメ!」と教えられているので、近くには行きますが、一定の距離は保てています。「ネコさん、写真撮らせてね!」と声を掛けると…

 

↓ このポーズ。おすましをして遠くを見つめていました。

f:id:kuksa:20210113001407j:plain

 

初詣ですが、三が日に行かなければならない!と言う決まりはありません。ですが、年始の早いタイミングで行くのは、気分的にスッキリする様な気がします。

 

では、今回はここ迄。