蛹から蝶になりました。

過去最長のおサボリ期間となりました。ただサボっていたわけでは無いのですが、とにかく日々バタバタ過ごしていると前回の更新から早くも2週間以上が経過したのでした。今回は、娘ちゃんが連れ帰って来た『アオスジアゲハ』について書いてみます。

 

↓ 昨日、夕方頃に『アオスジアゲハ』が羽化し、蝶になりました。とても美しい姿です。

f:id:kuksa:20200918000238j:plain

 

この蝶は、夏休みの終盤、8月30日に近くの公園で出会ったのですが、その時には未だ幼虫でアオムシさんでした。

 

↓ 『クスノキ』の葉っぱの裏に隠れていました。

f:id:kuksa:20200918000254j:plain

 

娘ちゃんも興味がある様なので、連れ帰って観察をする事にしました。既に終齢幼虫の段階となっていましたが、幼虫の間は餌となる『クスノキ』の葉が欠かせません。新鮮な葉っぱを用意してあげねばです!

 

↓ 言えに連れられて場所が変わり、逆さになっても気にせずバリバリ食べています。

f:id:kuksa:20200918000319j:plain

 

夜、静かな時には食べる音が聞こえます。成虫になった『アオスジアゲハ』は美しいですが、咀嚼音?(食べる音)が大きい上に食べこぼしが酷く、幼虫の間はお上品さの欠片もありません。この後も数日間は、娘ちゃんが運んで来た『クスノキ』の葉っぱをひたすらモグモグしていました。

 

↓ 9月8日に蛹になりました。

f:id:kuksa:20200918000334j:plain

 

そして、9日後の昨日、遂に蝶となりました。蛹から抜け出した後も飛ばずじっとしていたり歩いていたり…だったので「飛べないのかな?」と心配しましたが、今朝になってふわふわと飛び始めました。観察を通じて楽しませて貰った『アオスジアゲハ』ですが、その後は窓から飛び立って行きました。蝶を放す事も、目と鼻の先の距離にある公園から連れ帰ったからこそ出来る事です。少しでも、長生きしてくれたら嬉しいな~と、思います。

 

今月も既に後半、後半は頑張って更新します。

では、また。