マツバボタンに熱視線。

今日はベビーちゃんと久々に公園へ行きました。ここ最近、良い写真が撮れていなかったので、お散歩がてら出掛けました。「どこに行こう?」と言いつつ、自転車を走らせますが、いつも行く公園は人が多いかも…と思い、少し前に「こんな所にも公園があったんだ?!」と初めて気付いた公園に行く事にしました。すると、ベビーちゃんも好みの遊具があった様で、喜んで遊び始めましたが、暫くすると急に公園の入口付近へと走り出しました。車の少ない場所ではありますが、飛び出すと危険なので追い掛けるも、入口で急ブレーキです。どうやら、外に出ようとしたのではなく、気になる物を見つけた様です。

 

↓ それがコレ。『マツバボタン』です。色々な色があるようですが、公園に咲いていたのは濃いピンクでした。

f:id:kuksa:20200617230938j:plain

 

ベビーちゃん、とても気に入った様で欲しそうにしていますが「花壇のお花は摘んじゃダメ」と言われているので我慢しています。ちょっと指で突いてみたり葉っぱを触ってみたりしています。そこへ「マツバボタンの苗、あげましょか?」と声を掛けて下さりながら公園の前に住んでおられるおじいちゃんが来られました。一瞬、花壇のお花に触れている事を怒られるのかと思いましたが、なんと分けて下さるとのお言葉に驚きです。色々お話を伺っていると、公園の入口周辺に植えられたのも、このおじいちゃんで、育てやすく簡単に増えるんだそうです。「ちょっと待ってて」と言い残し、お家に戻られ、再度公園に戻って来られた時には広告用紙に包まれた『マツバボタン』の苗を手にされていました。その後、植え方と水遣りを教えて頂いて大切に持ち帰りました。既にベランダのプランターに植えてあります。ベビーちゃんの『マツバボタン』への熱視線、誰が見ても熱い熱い視線だった様です!

 

そして、肝心の写真ですが、沢山撮影が出来て大満足です。

では、今日はここ迄です。