子鹿ちゃんとスッポン。

ここ数日、雨が続きました。ベビーちゃんも長靴や雨合羽を着用しての通園でした。そして今日、雨の止み間に『宝ヶ池公園』にお散歩に出掛けました。すると、以前にも増して〝奈良公園化〟していました。『奈良公園』と言えば、鹿です。『宝ヶ池公園』でも以前から鹿が増えていると実感していましたが、今日は子鹿を見かけました。

 

↓ すぐ近くで木々の葉っぱをどんどん食べています。場所によっては、鹿が好まない植物ばかりが残っています。

f:id:kuksa:20200614223529j:plain

 

鹿も人間になれてしまい、すぐ近くを通ってもお食事タイムは中断しません。決して近付いていこうとしなくても、すぐ傍にごく当たり前の様にいます。

 

↓ バンビちゃんの様な子鹿の姿もありました。

f:id:kuksa:20200614223707j:plain

 

鹿について詳しい事は分かりませんが『奈良公園』の情報を見ると、6月をピークに5月頃から鹿の出産シーズンなんだそうです。と言う事は、この子鹿も最近産まれたばかりの様です。『奈良公園』では、妊娠中の鹿は多くが保護施設『鹿苑(ろくえん)』に収容され、出産するそうですが『宝ヶ池公園』の鹿は収容される場所なんて無いので、公園内で自然と産まれているのだと思います。鹿の事を知ろうと思い、インターネットで検索をしてみると『一般財団法人 奈良の鹿愛護会』のホームページが出て来ました。そこには、鹿の鳴き声が聞けるページがあり、聞く事が出来ました。すると…数日前の夜に旦那さんと「何か、鳴き声がするね」と話した鳴き声がありました。「チュイーン」と言う鳴き声です。これは、子鹿を呼ぶメスの声との事でした。距離はありますが、静かな夜には、離れた場所にも鳴き声が届く様です。

 

↓ それにしても、子鹿とは言え、走るスピードはとても速いです。

f:id:kuksa:20200614225222j:plain

 

大人の鹿は、何にも気にせずお食事タイムでしたが、子鹿とその周辺にいたママ鹿?はさっと逃げていきました。それにしても見る分には可愛らしい鹿ですが、増えてしまうのは良く無いので、複雑です…。

 

↓ 鹿の観察を終えて、池の周辺に向かいました。すると!カメに紛れてスッポンの姿がありました。とても大きなスッポンでした。体全体はうっすらとしか見えませんが、2つの目がしっかり見えています。

f:id:kuksa:20200614225314j:plain

 

やはりカメ類に比べるとスッポンは微妙な見た目ですが、レア度からすると出会うと少し嬉しくなったりもします。今日は午後もしっかりと雨が降りました。本当に束の間の晴れ間でした。明日以降、お天気も回復しそうなのでお洗濯をしたいと思います。

 

では、今日はここ迄。