わーい!ご飯が美味だ。

ここ数日、入院当初よりも格段に良くなっているのを実感しています。検査の結果も「とても順調」との事で一安心です。入院当初は、私自身も急な事に激しい驚きを感じ、どう受け止めれば良いのか?と戸惑いましたが、今では落ち着いています。人間、勝手なもので体が弱っている時は「これ食べたい!」や「美味しい物を食べたい!」なんて、これっぽっちも思わないのに、回復の兆しが見えた途端「何か美味しい物プリーズ!」とスイッチが入ります。「退院したら何を食べようかな?」と考えていると、いつもお世話になっている奥様から「ベビーちゃんとパパは病院に来ますか?バス停ででも会えたら届きますか?」や「ひさご寿司ちらしでもお届けできたら」とご連絡を頂きました。何て嬉しい響き!!!「ちらし寿司」です。でも、現在は新型コロナウイルスの流行により、面会禁止となっている事、お届け物や荷物は受付での受け渡しになる事をお伝えしなければなりませんでした。それなのに、入院しているフロア迄本当に持って来て下さいました。嬉しいですっ!!!

 

↓ 美しい『ひさご寿司』のお包みです。色が良い!!!もう「ありがとうございます」の言葉しか出て来ません。

f:id:kuksa:20200331192733j:plain

 

↓ 中身はこちら。写真は、ベッド近くのぼーっとした照明の下で写っていますが、実際はかなり美しいです。

f:id:kuksa:20200331192852j:plain

 

開封した時の私の行動を見ている人がいたら、ちょっと大丈夫かと心配されたと思います。その理由は…クンクン香りを嗅いでいたからです。いや、本当に良い香りがしていたのです。大きな声は出せませんが「わーい!ご飯だ、ご飯だ~」と内心大喜び。でも、旦那さんとベビーちゃんが家で頑張ってくれているのに私だけ美味しい物を頂く事にちょっと罪悪感を感じながらのニヤニヤです。それに『治一郎』のバームクーヘンも一緒に入れて下さっていました。これも大好物!よって、このどちらもが既に私のお腹の中に入っています!!!「はぁ~美味しかった」です♪

今回、入院をしている事は、基本的に自分からはお教えしていません。このブログで驚かれた方もいらっしゃると思います。ましてや自分の両親には敢えて病気の事を話してもいなかったので、それはそれは驚いていました。聞かれた方々は皆さん、すぐに駆け付けようとして下さったり、コロナウイルスを持ち込んだら大変だから…と行きたいのに行けないとして連絡を下さったり、手伝える事があったら遠慮なく言ってと連絡を下さいました。でも、もう大丈夫です!!!皆さんのお陰で、外から見る分には「どこが病気なの?」と思われる位にぴんぴんしています。あと少し、あと少しできっと良いお知らせが出来ると思っているので、待っていて下さい。治療方針も発表され、後は薬の調節と経過観察が主になります。

 

話は変わって…気が付けば、3月末日。今年度の最終日です。どこかに勤務をされている方々は、今日が1年の終わりですね。皆様、今年も1年間お疲れさまでした。旦那さんのお仕事も、突然育休?家族看護の休暇?を取得する様な形で終わらせてしまいました。ですが、また新しい年度が始まるので、楽しい発見や大切な出会いがある年になるといいなと思います。そこに、ベビーちゃんと私も一緒に立っていたいなと思います。その為にも、そして全ての人々に日常生活が戻る様、早く新型コロナウイルスが落ち着いて欲しいと願わずにはいられません。

 

これで、今年度は終了です!!!