林檎に惹かれ心変わり。

今日も自転車で大移動。行先は、北山周辺です。先日、指輪を紛失した日に出掛けていたのが北山周辺で、訪れたお店にも「指輪の落とし物は有りませんでしたか?」と探して頂いていました。その為、きちんと「見つかりました!ありがとうございました!」とお伝えに行ったのでした。ですが、指輪発見のお知らせと御礼だけで帰宅するのも寂しいので、今日も少し寄り道をしました!折角なので、初めてのお店に向かいます。

 

↓ 『ベイクドチーズケーキドットコム』です。京都でチーズケーキと言えば、他に有名店が幾つもありますが、こちらは隠れた名店や穴場的お店として地元に愛されていると聞くお店です。

f:id:kuksa:20200228144431j:plain

 

↓ 住宅街にひっそりと佇むお店。赤い立て看板が目をひきます。

f:id:kuksa:20200228143910j:plain

 

↓ お店のガラスにも手書きの文字が書かれ、素朴過ぎる程です。ケーキ屋さんで限定価格を表示する際に元の値段に✖印を付けているのを初めて見ました!

f:id:kuksa:20200228144441j:plain

 

外から、中の様子を窺っていると、常連さんらしきお客さんが出て来られました。やはり、地元の方に人気がある様です。私と入れ違いで女性2人組、さらに車を横付けにして買いに来られた男性の姿もありました。そして、いよいよ店内へ。

 

↓ 色々な種類のチーズケーキが並んでいます。でも、ここで気になったのが、写真の右側に写っている〝春待ちりんごパイ〟です!f:id:kuksa:20200228144300j:plain

 

ガラス面に〝春待ちりんごパイ〟の案内がありました。どうやら期間限定の商品との事。これは試してみたくなります。私はチーズケーキも好きですが、パイやタルトの焼菓子が特に好きなのです。それに〝春待ちりんご〟って何とも素敵な響きです。帰宅後に〝春待ちりんご〟について調べてみると、秋田県横手市の名産品でした。冬の間、林檎を雪の中で貯蔵する事で、低温熟成が進み、冷蔵保存とは異なる美味しさが味わえるのだそうです。そんな林檎を使用したパイ、買わずには居られません!結局、チーズケーキはプレーンタイプの普通の物を1切れだけして〝春待ちりんごパイ〟を人数分買う事にしました。

 

↓ 包んで頂いている間、お店の中を見渡していると、クッキーのコーナーがある事に気付きました。種類も結構沢山あり、お値段もリーズナブルです。

f:id:kuksa:20200228144306j:plain

 

製造から販売、全ての工程を店主さん1人でなさっているそうです。どこまでも手作り感があり、優しいお店でした。肝心のお味ですが〝春待ちりんごパイ〟はとーっても美味しかったです。旦那さんも「美味しい!林檎に高級感ある~」と喜んでいました。この季節の定番として、来年以降も取り入れたいお味でした。

 

では、また。