梅の香も吹き飛ぶ事件。

昨日は『京都府立植物園』に梅を見に行きました。小さな梅園ですが、色々な種類の梅を楽しむ事が出来るので、毎年訪れています。京都で梅の名所と言えば『北野天満宮』や『城南宮』が挙がりますが、植物園の梅も美しいです。そして、梅の名所と迄は言えない場所ですが『下鴨神社』には、1本だけなのに、とても有名な梅があります。それは境内の御手洗池の近くにある〝光琳の梅〟です。これは、江戸時代の絵師・尾形光琳が『紅白梅図屏風』を描く際にモデルにしたと言われる梅です。また、その際には周辺の市中の梅を見て歩いたとも言われています。当時『下鴨神社』周辺は梅の名所が点在していたのかもしれません。少し先にはなりますが、見頃となる3月初旬に訪れてみたいと思います。

 

↓ 『京都府立植物園』の梅園で最も開花が進んでいた梅。

f:id:kuksa:20200217022652j:plain

 

↓ 広がる香に癒されながら空を見上げると、一輪一輪が目一杯開花している姿が楽しめました。

f:id:kuksa:20200217022714j:plain

 

↓ 種類は『玉牡丹』です。

f:id:kuksa:20200217022748j:plain

 

白梅は、満開に近い木がありましたが、紅梅の満開は見られませんでした。既に終わってしまい、色が褪せたり黒ずんだりしている木や未だ蕾が目立つ状態が多かったです。

 

↓ 梅園の少し奥には、水琴窟があります。

f:id:kuksa:20200217022824j:plain

 

↓ 前々から近くを何度も通っていましたが、実際に音を耳にするのは初めてでした。澄んだ綺麗な音が響いていました。

f:id:kuksa:20200217022958j:plain

 

↓ 園内には、梅園以外にも梅の木があります。これは、北山通に面した北門近くの紅梅。

f:id:kuksa:20200217023212j:plain

 

↓ 白梅も隣に植えられています。北門周辺の梅の木は比較的大きな木でした。

f:id:kuksa:20200217023351j:plain

 

この日は、植物園の他にも、あちこちと寄り道をして帰宅しました。旦那さんも「良い運動になった!」という程の移動距離です。綺麗に咲いた梅を見て、香を楽しんで、充実の1日でした。が、しかし!そんな梅の思い出も、吹き飛ぶ様な事件が起きました。私にとっては、ここ数年で1番ショックな事件だった様に思います…。その事件とは、結婚指輪を紛失したのです。。。今思い出しても「はぁぁぁ~」と溜息しか出ません。結婚が決まって、友達と下見に行き、旦那さんと一緒に買いに行った大切な指輪です。それなのに、紛失です。どこかに置き忘れて来たのなら探せますが、本当に〝紛失〟の言葉がぴったりで消えてしまったのです。結婚当初の指にあわせて購入したのですが、ここ数年は指のサイズが変わり、ブカブカ気味でした。それでも、関節ではとまっていたし、日頃から落とさない様に注意をしていました。手を振る動きをする時には意識をして飛んで行かない様にしていたのです。それなのに、気が付けば…指から消えていました。洗濯物を干し、ベランダで足元を覗いた際、ふと「こんな事をしていたら指輪を落とすわ!」と手を引っ込めました。そして、引っ込めると同時に、手を見ると「無い!」です。旦那さんに「指輪が無いの!!!!!」とパニックになりながら訴えました。「今から探して来る!」と今日通った場所を探しに行こうとしましたが、旦那さんから「僕が行くから家の中を見てて」と止められました。「良い運動になった!」と言っていた距離を再度探しながら回らせてしまいました。ですが、やはり見当たりません。畑にも行った為、畑も探して来てくれました。結局、畑の持ち主である農家さんも探してくれましたが、見つかっていません。私は布団の間やベッドの下、排水溝等の水回りを探しましたが、こちらも見つかりません。ベビーちゃんにも様子がおかしい私を心配させてしまいました。何とも情けなく悲しい事件です。指輪を買った頃、頻繁に忘れ物をする旦那さんが紛失する事はあっても、私が失くすなんて絶対に無いと思っていたのに…そんな自分に「失くすのは、お前だー!」といつになく激しい口調で言ってやりたいです。指輪が無く、何だかスカスカになった左手から風邪をひきそうな気分です。紛失した事に気付いて丸1日以上が経過しましたが、旦那さんからは「同じのを買ってあげる」と言って貰いました。でも、私のだけ新しくなるのは心苦しいのです。しかも、同じのって…高いです。それに、旦那さんが今付けている指輪はサイズが小さくて紛失なんて有り得ない位なので、近い内にサイズ調整が必要です。そこで、色々考えた結果、今旦那さんの指にある指輪には、迷子中の私の指輪がいつの日か戻って来るのを待っていて貰う事にして、再度ペアリングを購入する事にしました。そして、次は価格的にも日常使いしやすい物にしようと思います!高価な物だと、ただでさえ思い出が詰まったかけがえの無い物なのに、紛失した時のショックが大き過ぎます。もう2度とこんな事にならない様にと願いつつ、新しいペアリングを迎えようと思います。

 

では、今日はここ迄。