スマスイとその周辺へ。

週末より旦那さんが出張との事で、私とベビーちゃんは実家に帰省していました。すると、じいじである父は、帰省期間中の平日である今日を休暇にして週末と連休にした上で、ばあばである母と共に楽しみに待っていてくれました。そして、帰るなり「どこに行きたい?どこが良いかな~?」と色々と考えてくれた結果〝スマスイ〟に行く事になりました。〝スマスイ〟とは『神戸市立須磨海浜水族園』の事です。以前にも旦那さんが出張の時に帰省して訪れた場所ですが、妙に落ち着く空間で家族全員が大好きなので再訪です。そして、いよいよスマスイの駐車場に到着してから母が一言…「お腹空いてない?」と。しかし「ここにしよう!」と言う場所も決まらず、携帯で検索したリストにはたこ焼き屋さん等が挙がって来ました。とりあえず歩いてみると、地元で有名な『鳥光 須磨本店』に遭遇しました!!!

 

↓ 明治25年創業の有名店です。母の母、私の祖母!が働いていた所の忘年会?でも使われたお店だそうで、古い話です。

f:id:kuksa:20191214234241j:plain

 

↓ 1階のテーブル席。

f:id:kuksa:20191214234300j:plain

 

↓ お昼時には〝お昼の定食〟が約10種類あり、その中から〝そぼろ弁当 串焼きセット〟にしました。

f:id:kuksa:20191214234318j:plain

 

お味は…とても美味しく頂きました!焼き鳥は炭火の香りが良く、そぼろ弁当はずっしりたっぷりと入り、細かく丁寧に作られた鶏そぼろも優しくて美味しかったです。『鳥光 須磨本店』にてランチ済ませ、お店を後にしてからは信号を渡って徒歩数分でスマスイに到着しました。

 

↓ スマスイと聞けば、民営化にまつわる問題です。最近はニュース等でも多く取り上げられ、入場料が大幅に高くなってしまう事やリニューアル後の目玉が『シャチ』で周辺全体がリゾート化する計画について多く目にします。その結果、市民や市議会からも歓迎されない声や反対運動等も出ています!

f:id:kuksa:20191214234344j:plain

 

現体制での運営は2020年の3月末、要は今年度いっぱいだそうです。色々な事情があるかと思いますが、個人的には子どもの頃から両親と通ったスマスイ、小学校時代の遠足の定番だったスマスイ、そんな思い出の場所が変わってしまうのはとても寂しく残念です。生粋の神戸育ちの母も幼少期に訪れた記憶がある思い出の場所だそうです。

 

↓ 季節になると、メインの波の大水槽前にはコタツが登場します。ほんわか温かいコタツで足を温めながら水槽を眺めていると、何時間でも居られます。まさに癒しの空間です。

f:id:kuksa:20191214234403j:plain

 

↓ やはり熱帯魚の水槽は美しいです。

f:id:kuksa:20191214234424j:plain

 

↓ 『テンジクザメ』の赤ちゃん。赤ちゃんの頃は、ペットショップで売っている水槽の表面をお掃除してくれるタイプの魚に見えます。これがサメには見えません…。

f:id:kuksa:20191214234446j:plain

 

↓ スマスイと言えばイルカショー!完璧な演技が見られます。しかし、今回は既に始まってから着席したのが良く無かったのか、音に敏感なベビーちゃんは大きな音で流れる音楽に大泣き。前回は始まるのを待ってからのスタートだったので平気だったのか、とにかく今回は泣きました…。

f:id:kuksa:20191214234514j:plain

 

↓ ベビーちゃんは泣いていましたが、イルカさん達は次々と技を決め、魅せてくれます。トレーナーさんたちのサンタさんの衣装も可愛らしいです。

f:id:kuksa:20191214234535j:plain

 

その後は、イルカさんへの餌やり体験をしました。入園チケットを購入後、オプションでイルカの餌やりチケットを買って貰いました。前回、ペンギンへの餌やりをベビーちゃんがとても喜んでいたので「イルカも絶対喜ぶ!」と思っていました。が、しかし!先程のイルカショーでの大泣きを引きずってしまい、微妙な餌やりになってしまいました。ベビーちゃんに代わって、私がシシャモ2匹をイルカにあげました。

 

↓ イルカの後はベビーちゃんの大好きなペンギンコーナーへ。日向ぼっこをするペンギンを見ました。ここでベビーちゃんに笑顔が戻りました。

f:id:kuksa:20191214234601j:plain

 

↓ 暫くペンギンを見ていると、ペンギンのお散歩ライブが始まると放送が入りました。ペンギンのお散歩ライブは、見学者の足下をペンギンが列をなして歩くイベントです。

f:id:kuksa:20191214234619j:plain

 

ぽてぽてと歩く姿はペンギンらしさそのもので何とも可愛らしいです。ベビーちゃん、大喜びでした。

 

↓ アマゾン館に入りました。すると〝世界最大級の淡水魚〟や約1億年姿が変わっていない事から〝生きた化石〟とも呼ばれる『ピラルク』がゆっくりゆっくり泳いでいました。

f:id:kuksa:20191214234657j:plain

 

爬虫類がとにかく苦手な母は魚類である『ピラルク』に見られる爬虫類っぽい雰囲気に「気持ち悪い」と言いつつも「口の中、どうなってるんかな?口開けてくれたら良いのに!」と興味津々で好奇心旺盛な一面も見せながら水槽を眺めていました。

 

↓ すると!偶然にも1番?小さな個体が1度だけ口を開いてくれました。一瞬だった事もあり、口の中は特に変わった特徴は見られずでした。

f:id:kuksa:20191214234720j:plain

 

↓ 続いては、別の場所にて『マルメタピオカガエル』を発見です。名前には流行りのタピオカの文字がありますが、名前の由来とは関係が無い様です。それにしても強烈なインパクトのカエルです!

f:id:kuksa:20191214234804j:plain

 

↓ またまた不思議な生物を発見です。瞳が上下に仕切られている事で水上と水中を同時に見る事が出来る『ヨツメウオ』…。効率的な目の構造ですが、不思議な姿をしています。

f:id:kuksa:20191214234827j:plain

 

今回もとても楽しかったスマスイ!また1つ思い出が出来ました。それにしても、来年の3月末以降はどうなってしまうのかな?と少し心配です。旦那さんも「1度はスマスイに行ってみたい」と言っていたので、今年度中に一緒に行けたら良いな~と思っています。

 

↓ 波の大水槽前にはコタツだけでなく、クリスマスツリーも飾られていました。今回のスマスイはこれで終了!

f:id:kuksa:20191214234854j:plain

 

スマスイ終了後にもベビーちゃんを喜ばせようと、じいじばあばはもう1ヶ所連れて行ってくれました。その場所のご紹介は明日にでも!ベビーちゃん大喜びのあの場所です!!!

 

では、今回はここ迄。