良い湯だな~とならず。

昨晩、寝るのが遅かったせいで今朝は遅い目のスタート。旦那さんも私も、これと言ってやりたい事が思いつかず「どーする~?」と珍しい始まり方の休日です。大抵は「これ!」とすぐに決まるのですが、今日は中々…。結局、近場の公園も何だか気分じゃないし、どこかへ何かを食べに行くにしても朝ご飯が遅かったせいでどこかでランチ!ともならず、久々にイベント情報を見てみました。すると、京都駅の美術館『えき』にてベビーちゃんは勿論、家族全員が大好きな絵本の世界展が開かれている事を知りました。旦那さんも「折角だから行こう♪」と乗り気です。

 

↓ 京都駅の美術館『えき』にて開催中の〝ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展〟です。京都駅からエレベーターで7階迄上がると会場です。

f:id:kuksa:20191201220044j:plain

 

↓ 今乗って来たエレベーターを振り返って見ると、エレベーターの扉にもデザインが施されていました!

f:id:kuksa:20191201220126j:plain

 

『tupera tupera(ツペラ ツペラ)』は、京都市在住の亀山達矢さんと中川敦子さんによるご夫婦ユニットで、絵本やアニメーション、雑貨、舞台芸術、その他、多岐に渡る活動をされています。特に有名な絵本としては『かおノート』や『しろくまのパンツ』、『パンダ銭湯』がありますが、これらの絵本は、大抵どんな本屋さんでも必ず見られます。

 

↓ 『しろくまのパンツ』はこんなに沢山の言語に翻訳されている様です。世界中の人々に楽しまれています。

f:id:kuksa:20191201220204j:plain

 

↓ 私たちが訪れたタイミングではご不在でしたが、実際にtupera tuperaのお二人がこちらに来られて作業をされている様子が見られるスペースもありました。後ろの金色の屏風が会期中に仕上がる様です。

f:id:kuksa:20191201220227j:plain

 

チケットを購入後、色々な作品を見学しました。tupera tuperaの作品が大好きな私たち家族ですが、見た事が無い物もありました。因みに、今日の旦那さんが着ていた洋服の1番下は、tupera tuperaのコラボTシャツでした。上からコート類を着ていたので外からは見えませんでしたが、密かに楽しんでいた様です。

 

↓ 展示の途中には『パンダ銭湯』の世界が再現されている場所がありました!こちらは、写真撮影可です。

f:id:kuksa:20191201220322j:plain

 

↓ 銭湯の番頭さん、おばちゃんの姿も!絵本の中では、とうちゃんと息子、親子合わせて600円丁度をお支払いするシーンです。

f:id:kuksa:20191201220352j:plain

 

↓ 〝えいようまんてん 竹林牛乳〟や〝サササイダー〟が冷やされている冷蔵庫、脱衣籠の小物もあります。

f:id:kuksa:20191201220409j:plain

 

↓ 〝スーパーワイルドシャンプー〟と〝ささのかほりリンス〟迄、しっかり再現されています!左右下の青と赤い丸は水道です。完璧!!!

f:id:kuksa:20191201220429j:plain

 

↓ ここは浴槽で、お風呂に浸かりながら写真撮影が出来る場所です。ベビーちゃんも入ったのですが、一瞬で出て来てしまいました。どうも嫌だった様で、何故か泣きながら…。残念ながら「良い湯だな~」とはなりませんでした。

f:id:kuksa:20191201220511j:plain

 

↓ 私の大好きなマスキングテープ等の文房具を購入し、会場を後にしました。

f:id:kuksa:20191201220528j:plain

 

始まりこそ、スピード感の無い1日でしたが、今日も楽しく過ごせました。

 

では、今日はここ迄。