比叡山背景に虹を見る。

今日は、朝から南へ北へと大忙しの1日でした。ベビーちゃんの検査も継続中で「今日で最後!」とすっきり終わる事も無く続いています。早く終われば良いのかそうでないのかも分かりませんが、気分的にはちょっと疲れます…。そんな中、とても嬉しい空からのプレゼントがありました!虹です!今日の午後、比叡山を背景に大きな虹が架かっていました。数日前にも虹が出ていた様で、旦那さんから「大きな虹が出ているよ!」と連絡を貰ったにもかかわず、その日は残念ながら私とベビーちゃんは見る事が出来ませんでした。それでも、忙しい仕事の合間であっても虹が出ている事を知らせてくれる旦那さんはとても素敵だと思っています。

 

↓ 今日の虹。急に小雨に見舞われ「寒いなぁ~。空の色も青空だったのに灰色になって来た!」と思っていると、急に虹が現れました。ウトウト気味で眠そうなベビーちゃんに「虹が出てるよ!」と声を掛けて起こしました。

f:id:kuksa:20191120162534j:plain

 

ベビーちゃんにとって初めての虹だったのでは?と思いますが、とても嬉しそうに眺めていました。「綺麗だね!虹どこ?」と聞いてみると、大喜びで手を空に向けて左右にブンブン振っていました。きっと、虹の存在が理解出来たのだと思います。

 

↓ 「もう少し近くで見てみるとどうかな?」と思い、比叡山の足下へと近付いてみました。すると、初めはきちんと半円状に出ていた虹が時間と共に薄くなってしまいました。

f:id:kuksa:20191120162605j:plain

 

結局、最初に見つけた時が1番色が濃くて綺麗に見える状態でした。ほんの少しの時間しか見られない虹ですが、その分、見つけた時の嬉しさは大きいです。空からのプレゼントの虹、前回の旦那さんに続いて、私とベビーちゃんも受け取る事が出来ました。

 

話は変わって…

今日の午前から午後に掛けてですが、『熊野神社』の近くに居ました。いつもの通り、お参りに立ち寄ってみると、何だかイベントが行われている雰囲気がありました。見学に来ている人の数はとても少なく、数人しか見受けられませんでしたが、何かあるには違いありません。

 

↓ その理由に、日頃は見られない大きな釜(?)がありました。

f:id:kuksa:20191120162638j:plain

 

↓ 視線を左側にやってみると、何だか木が組まれて燃やされた?跡があります。

f:id:kuksa:20191120162722j:plain

 

帰宅後に調べてみると、これは『火炊祭』と言う神事で、本殿前に置かれている大きな釜に入ったお湯を用いて湯神楽を行ったり、護摩木や火炊串の炊き上げをしたり、舞を奉納したりして五穀豊穣への感謝や無病息災を願う物だそうです。実際に神事を執り行われている様子は目にする事が出来ませんでしたが、京都市内ではこの時期にあちこちで行われている様なので、またどこかで見掛けられたら…と思いました。

 

では、また。