水鳥公園とチームラボ。

暫くの間、夏季休暇として旦那さんの故郷に帰省していました。今回の帰省期間中には法事もあり、いつも以上に賑わう日々でした。そんな法事では、久しぶりにベビーちゃんの人見知りスイッチがオンとなり大号泣で私たち親子はほとんど参加が出来ませんでした…。それでも、お墓の前でのお参りだけは何とか叶いました。来年は無事に最初から最後迄、きちんと座っていられる事を期待したいと思います。また、帰省している間に幾つか近場へのお出掛けも出来ました。

 

↓ 家族みんなが大好きな『米子水鳥公園』です。この日は珍しく、すっきりと晴れた綺麗な青空でした。

f:id:kuksa:20190816014814j:plain

 

↓ つばさ池の向こう側に見える大山も形がしっかりと分かります。

f:id:kuksa:20190816014838j:plain

 

訪れた際には、丁度『カイツブリ』が浮巣にて卵を抱いている所が観察出来ました。これらの浮巣、見るからに丈夫そう…とは言えない仕上がりで、天候が悪くなると壊れてしまうのだそうです。しかも、台風10号が近付いているタイミングだったので「多分、今回も流されてしまうだろう」とのお話でした。台風による強風で水面に波がたってしまうと、浮巣は煽りを受けてひとたまりもありません。当然、卵も残念な結果になります。

 

↓ いつも望遠鏡を覗く場所から鳥たちを見ていると「エアコンで涼しい部屋に来ませんか?」と声を掛けて頂きました。節約でしょうか?館内全体がひんやりとはなっておらず、小さい部屋のみ十分なエアコンが掛かっていました。

f:id:kuksa:20190816014909j:plain

 

こちらのお部屋では、自分で描いた絵をバッジにしてくれる体験コーナーや〝ダンゴムシレース〟なるイベントに参加出来るコーナーがあります。〝〟ダンゴムシレース

は、自分で見つけて来たダンゴムシに細いレールを歩かせてタイムを競う内容です。

 

↓ 私たちがベビーちゃんのバッジ作りを見守っているとダンゴムシを連れたおじさんがやって来ました。レースをする事で見学させて頂きました。それにしても、案外早いのです!ダンゴムシが歩くと言うよりは、走っている感じです。

f:id:kuksa:20190816014939j:plain

 

出走するダンゴムシは各自で捕まえて来るのですが、気温が暑過ぎて中々見つからないのが問題だそうです。次回の帰省時にはまた訪れる事になるだろうと思います。続いては、山陰エリア初となった…

 

↓ 〝チームラボ★ 学ぶ! 未来の遊園地〟です。『米子市美術館』にて開催されると言う事で、米子ママが前売り券を買っていて下さいました。

f:id:kuksa:20190816015011j:plain

 

関西でも開催されている事は多々ありましたが、これ迄は縁が無く、私たち家族も初の参加となりました。

 

↓ 1階は混雑しているとの事で、先ずは2階へ。2階には光るボールの展示『光のボールでオーケストラ』のエリアです。真っ暗の中、色が変わる光のボールに触れます。写真は天井から下げられている所。

f:id:kuksa:20190816015028j:plain

 

↓ 大小2種類の光のボールのコーナーがあり、幼いベビーちゃんは小さいボールの所へ行きます。ですが、案の定、最初は暗い部屋に戸惑い、嫌がりました。少し慣れるまでは説得と時間が必要ですが、少しすると自分から遊びに行きました。こちらの写真は床に転がるボール。

f:id:kuksa:20190816015047j:plain

 

↓ お隣には『小人が住まうテーブル』があり、小人が動いたりコロコロと変わる天気の様子を楽しみました。

f:id:kuksa:20190816015115j:plain

 

↓ ベビーちゃんがケンケンパは出来ないのに楽しんでいた『天才ケンケンパ』です。

f:id:kuksa:20190816015144j:plain

 

↓ 本来は、この光の壁の前を丸や四角に合わせてケンケンパしますが、走り抜けます。

f:id:kuksa:20190816024321j:plain

 

他にも『まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり』では、壁一面に神様?動物?が動く姿が写りました。柵がある場所で、柵の中へ入ろうと壁にむかって潜ろうとする姿が面白く、笑ってしまいました。

 

↓ 自分で描いたお魚やイカ等の絵が泳ぐ水槽〝お絵描き水族館〟です。こちらは1階の会場です。ベビーちゃんのお名前入りのお魚も元気に泳ぎました。

f:id:kuksa:20190816024349j:plain

 

ここでは、ベビーちゃんがお魚を眺めている後姿が可愛らしく、写真を撮りました。すると、おじさんに声を掛けられてビックリ。ベビーちゃんの後姿が絵になる!との事で、写真撮影をしたが、顔は写っていないので良いでしょうか?とご確認頂きました。写真のコンテスト等にも出しておられる方だそうで、綺麗に撮って貰っていました。街中でも、ベビーちゃんの写真を勝手に撮られる事が多々ありますが、ご丁寧に声を掛けて頂いた事、後姿のみだった事から承諾しました。

 

今年の帰省も法事と重なり、おばあちゃんの弟さん達にもお会いする事が出来、大人数で楽しい時間を過ごす事が出来ました。帰りには、京都に直接戻るのではなく、私の実家にも寄り道をしてから帰宅しました。良い夏季休暇でした。

 

ではまた。