2つ?いえ、1つです。

昨日、近畿地方も梅雨明けし、いよいよ〝夏〟となりました。先日の23日には二十四節気の『大暑』を迎え、暦の上でも1番暑いとされる時期になりました。そんな中、ベビーちゃんと私は大文字山の麓、鹿ケ谷にある『安楽寺』で行われる『カボチャ供養』に行って来ました。何と225年以上も続いていて〝中風まじない〟の御利益があるんだそうです。私は2015年ぶりの2回目、ベビーちゃんは初めての参加です。階段も多いのでベビーカーは自宅に置いてベビーちゃんには自分の身の回りの物は自分のリュックに入れて持たせました。バスに乗って少し歩いて到着です。

 

↓ 久しぶりに来ました。写真では誰も写っていませんが、タイミング良く撮れただけで沢山来られていました。ここをくぐって、中で参拝とカボチャのチケットを買い求めます。そして理由があって、ここを2度もくぐる事になりましたが、それは後程に…。

f:id:kuksa:20190725150953j:plain

 

とても丁寧に手入れされた庭を過ぎると、中では虫干しも兼ねて公開されている掛け軸を中心とした宝物の展示があり、絵解きの説明が行われていました。そんな様子を横目に見つつ、ベビーちゃんは中庭が気になった様で、廊下や縁側に腰を掛けて外の景色を眺めていました。ある意味、子どもらしくない?嗜好で性格のベビーちゃん、こちらから「座って鑑賞しましょう」と声を掛けなくても、自ら楽しんでいます。そうしていると、横を見覚えのあるネコのミモロちゃんが通り過ぎました!京都のあちこちを紹介されている観光おもてなし大使のライターさん?の手元に京のおもてなしリーダーのミモロちゃんがちょこんと座っていました。

 

↓ カボチャを頂こうと空いている席に座りました。御接待をして下さっている檀家さんにチケットを渡すと、カボチャを運んで来て下さいます。

f:id:kuksa:20190725151043j:plain

 

↓ 2人分。カボチャが1つ足りないのは既にベビーちゃんは食べ始めています…。「美味しい~」と一言。

f:id:kuksa:20190725151018j:plain

 

背中側からは、おじいちゃんの「あ~、昔のカボチャの味や」と言う声が聞こえて来ました。確かに、私が子どもの頃の祖父母の家で食べた水分多めのぺちゃ~としたカボチャの味に似ています。ご高齢の方からすると、一層〝昔のカボチャ〟の味と感じたのでは?と思います。御馳走様をした後、女性の方から声を掛けられて振り返ってみると、随分前に出会った事のある方で驚きました。その後、また別の女性に声を掛けられて振り返ると、ベビーちゃんの様子をずっと見ておられたそうでお行儀が良かったと感心されてお菓子の入ったディズニーのラプンツェルの巾着を下さいました。その方は『安楽寺』でお接待をして下さっている方のお一人だったので檀家さんでした。マイペースなベビーちゃんですが、とても褒めて頂いて嬉し恥ずかしそうに巾着を受け取っていました。

 

↓ 『安楽寺』を出た所では『カボチャ供養』に用いられる『鹿ケ谷カボチャ』を準備されている八百屋さん『かね正』が京野菜の販売をされていました。それにしても安い!『伏見とうがらし』が1袋100円だなんて…。

f:id:kuksa:20190725151114j:plain

 

↓ 勿論『鹿ケ谷カボチャ』もあります。これも格安。グループで旅行に来られているおばちゃま集団の1人から「あら?このカボチャ2つ?2つがくっついてるの?」と『鹿ケ谷カボチャ』を初めて見て驚く声が上がりました。私は心の中で「いえ、1つですよ」と思いながら、この珍しい形に改めて見入ってしまいました。

f:id:kuksa:20190725151133j:plain

 

『鹿ケ谷カボチャ』は日持ちします。その為、今年は買って帰ろう!と思って着いてすぐに購入し、預かって貰いました。帰りには忘れず受取り、銀閣寺道迄、お散歩を兼ねて歩く事にしました。それにしても2つの『鹿ケ谷カボチャ』を持って歩くのは重たかったです。途中『法然院』や『銀閣寺』の近くを通るので、木陰も多く比較的涼しく、良いお散歩コースです。それに、この辺りはきのこも生えます。

 

↓ 早速、砂利の所から黄色いきのこが出ていました。何だか不思議なきのこです。

f:id:kuksa:20190725151213j:plain

 

↓ 全体に淡いピンクと紫色のきのこも発見。傘のヒダが綺麗です。

f:id:kuksa:20190725151235j:plain

 

↓ 石の隙間には苔が生え、更にそこからイグチの仲間がひょっこりしています。

f:id:kuksa:20190725151259j:plain

 

↓ 先日、臭い臭い『サンコタケ』を発見しましたが、今日は『カニノツメ』を発見しました!未だ2本に分かれていませんが、地面から2本突き出ると、正にカニノツメがニョキニョキ生えて来た様に見えます。

f:id:kuksa:20190725151320j:plain

 

これらのきのこを見ながら歩き進み『銀閣寺』周辺の参道へと出ました。もう少しで銀閣寺道に到着と言う所で、ベビーちゃんがリュックに入っている水筒を出したいとアピールし始めたのです。「出すね~」と言いつつ、リュックを開けると、無い…。ベビーちゃんの水筒がありません。。。どうやら『安楽寺』のカボチャを食べた場所で忘れて来た様です。『安楽寺』から銀閣寺道迄、右へ左へとフラフラ歩いて来たので既に1時間以上歩いています。ですが、失くした場所も分かっているのにそのままになんて出来ません。「水筒忘れちゃったね、大事な水筒だから頑張って戻ろう!」と言うと、妙に納得したのか、今来た道を戻ろうと一心不乱に歩き始めました。先程のキョロキョロとは違ってわき目もふらずに歩きます。それでも、到着間際には立ち止まってしまう事も多くなりましたが、頑張って最後迄歩きました。『かね正』の販売をされている方をはじめ、沢山の方に声を掛けて頂きました。「また、来たの?」「あらら?どうしたの?」と。「水筒を忘れてしまって~」とお答えすると、皆さんに応援されて「自分で歩いて戻って来たの?!頑張ったね!」「大変だね!」「水筒、あると良いね!」と温かいお言葉です。中には「お母さんも偉いわね、頑張らせて見守って」と私まで褒めて頂きました…。最初の写真にあった通り、2度もくぐって参拝し、檀家さんに「すみません、水筒を忘れてしまったんです」と声を掛けました。すると「良かった!ここにありますよ」と渡して下さいました!!!受付の所に運んで来て下さっていたのです。有難い事です。御礼を言って受取り、階段を降りると事情を知っている方々が皆して「あった?」「あった?」と聞いて下さいました。無事受け取った事を知って「良かったね~」と拍手をして見送って下さる方もあり、私はちょっと照れましたが、ベビーちゃんは先に頂いていたラプンツェルの巾着を振り回して堂々と帰っていました。。。人見知りな割に、褒められると頑張れてしまう姿に笑いがこみ上げつつ、2人して暑さと照れで赤い顔をして帰宅の途につきました。

 

午前中にちょこっと行って来るはずが、しっかりと日帰り旅行になりました。

では、今日はここ迄。