SLから流る石炭の香。

現在、ゴールデンウィーク真っ只中です!「今年は10連休」と聞く機会も多いのですが、残念な事に旦那さんは10連休の真ん中に数日間のお仕事があるので、長期連休とは縁の無いお話です…。それでも10連休と迄はいかないものの、休日はいつも以上にたっぷりあります。そして、今日も「雨が降る前に~」と午前中からお出掛けをして来ました!その事について書こうと思っていたのですが、先日訪れた『京都鉄道博物館』の事を書き忘れていたので、今回はその事について書きたいと思います。

 

↓ 先週火曜日の事、私が以前勤めていた所でお世話になった先輩、今ではお友達となった方の子どもさん達と一緒に行って来ました。私は今回で2回目ですが、前回SLには乗らなかったので、初めての乗車となりました。

f:id:kuksa:20190429223427j:plain

 

ここでは、本物の蒸気機関車が牽引するレトロで素敵な客車に乗車する体験が出来ます。約1キロ程の道のりをゆっくり走行です。途中、近くには在来線や新幹線が走る姿を見る事も出来ました。更に、梅小路公園の横に線路があるので、新緑も楽しめてしまいました。

 

↓ 日や時期によって、異なる蒸気機関車が使われる様ですが、この日は『C56形160号機』でした。石炭を積んでいる場所の後ろにも書かれています。

f:id:kuksa:20190429223444j:plain

 

1935年から製造された小型の蒸気機関車で、旅客・貨物用で活躍した車輛との事。『川崎車輌』によって昭和14年に製造された物です。走行中は、風向きによって石炭の香が流れて来ます。お友達の子どもさんはうちのベビーちゃんよりも少し上のお兄ちゃんと少し下の妹ちゃんで挟まれていました。お友達親子も一緒に蒸気機関の乗車体験をして楽しみました。お兄ちゃんは電車が大好きで嬉しそうにしていました。うちのベビーちゃんは乗車直前に睡魔に襲われベビーカーで寝ようとして大号泣しましたが、いざ乗車してみると一転してご機嫌になりました…。流石、電車好きです!

 

↓ 『京都鉄道博物館』では他にも体験出来るコーナーがあります。運転シミュレータ体験です。これは一度に体験出来る人数が少ないせいか、抽選方式です。私の97番、当選です!

f:id:kuksa:20190429223519j:plain

 

お友達は外れてしまいましたが、私と一緒に1つのグループとして参加する事が出来たので、ベビーちゃんとお兄ちゃん、交代で体験しました。

 

↓ ここでは、運転士さんも実際に訓練で使用するシミュレータを使って電車の運転体験が出来ます。ベビーちゃんは運転の体験も楽しみましたが、私としてはこの場で着用出来る制服が可愛らしくお気に入りでした。

f:id:kuksa:20190429223602j:plain

 

サイズが110からしかなく、ベビーちゃんには随分大きい制服でしたが、袖を折って着せました。最初は「着るの嫌!」と抵抗していましたが、実際に着てみると今度は「脱ぐの嫌!」と逃げました。

 

↓ 体験については他に切符の購入や改札を通す体験があります。実際に発券された切符。私の分とベビーちゃん用の子ども料金の切符2種類です。

f:id:kuksa:20190429223914j:plain

 

↓ 横が透明になった改札に通します。吸い込まれた切符がどの様に扱われているのかを知る事が出来ました。

f:id:kuksa:20190429223937j:plain

 

↓ 通過すると、画面にはこんな文字が表示されます。実際の駅だと、交通系カードにチャージしている金額の残金が表示される所だと思います。

f:id:kuksa:20190429223958j:plain

 

↓ 出て来て受け取った切符には、何と、SLのイラストが印刷されていました!とても凝っています。

f:id:kuksa:20190429224131j:plain

 

現在も開催中ですが、訪れた時には『Go!Go!きかんしゃトーマスとなかまたち』のイベントが行われており、スタンプラリーがありました。そこでは、館内に配置された4つの場所でスタンプを集める事でトーマスのステッカーを頂く事が出来ました。嬉しいです!

 

↓ 加えて『プラレール』の60周年記念展示もありました。平面に沢山走行しているのも見応えがありますが、高さがあると迫力が出ます。

f:id:kuksa:20190429223639j:plain

 

↓ 横から見ても中々のインパクト。

f:id:kuksa:20190429223805j:plain

 

↓ 可愛らしいハローキティ新幹線のプラレールも走っていました。ピンク色の車輛です。

f:id:kuksa:20190429223743j:plain

 

↓ 展示室の中心部はプラレールが走り回っている状態でしたが、壁面には60年の歴史を感じる貴重な資料が並べられていました。

f:id:kuksa:20190429223850j:plain

 

プラレールの歴史としては、1959年にプラレール第1号が発売され、1961年には小型モーターが内蔵された電池で動くタイプが発売される等、時代と共に発展してはいますが、大きなモデルチェンジはしていないそうです。その為、今の子ども達から見て、おじいちゃん・おばあちゃんの世代が遊んでいたプラレールも現在のプラレールと一緒に遊ぶ事が出来るのだそうです。これには驚きました!

 

↓ 『京都鉄道博物館』内では、沢山の電車が展示されています。写真は『0系新幹線』の内部で見られた車輌に関する技術の展示です。左側の丸い部分は車輌の先端部分。今では見ないコロンと丸みのあるフォルムです。

f:id:kuksa:20190429224203j:plain

 

↓ パンタグラフの展示もありました。

f:id:kuksa:20190429224240j:plain

 

他にも、数量限定のお弁当を購入したり、グッズコーナーを見たりして過ごしました。2世帯で合計3人の子どもがいた事もあり、前回訪れた時とはまた違った楽しみ方が出来ました。そして、今日4月29日は開館3周年だった様です。3周年直前に行ってしまったので特に何もなく〝もうすぐ3周年〟のイベントはありませんでした。残念!

 

↓ 今回、初めて利用した『京都鉄道博物館』の最寄駅『梅小路京都西駅』構内です。2019年3月16日に開業したばかりの新しい駅です。これまで『京都鉄道博物館』や『京都水族館』に行く際、少々不便だったのでとても便利になりました。

f:id:kuksa:20190430012312j:plain

 

ずっとブログを更新せねば…と思いながら出来ていなかった間、ただの私のおサボリに加え、ベビーちゃんの風邪ひきがありました。今ではすっかり元気ですが、急な発熱で高熱が2日程続いて鼻水ズーズーの日々でした。体調も戻ったので、また元気に遊ぼうと思います。

 

では、今日はここ迄。