親子3人で京都水族館。

今日は京都駅北西にてそれぞれ隣接する『京都水族館』・『京都鉄道博物館』とその周辺をお散歩に行って来ました。今回は『京都水族館』について書いてみたいと思います。『京都鉄道博物館』は次回です。京都駅から少々不便な場所ですが、駅から向かうとなるとバスか徒歩です。ベビーちゃんはベビーカーに乗ったり歩いたりしてご機嫌だったので、徒歩で向かいました。私と旦那さんは以前に一緒に行った事があるので再訪となりますが、ベビーちゃんは初『京都水族館』です。

 

↓ 京都駅を北側に出て西へ、堀川通を越えて大宮通に来ると到着です。入口には、ここの看板生物(?)であるオオサンショウウオが炬燵に入ってお出迎えです。

f:id:kuksa:20190112230748j:plain

 

こちらの水族館、少し他とは異なります。最初に出会うのが〝京の川〟です。一般的な水族館であれば海系の展示かと思いますが、ここでは河川から始まります。そして、京都の川、鴨川で見られるあのオオサンショウウオがメインです。

 

↓ オオサンショウウオの説明は本気度が違います。

f:id:kuksa:20190112230824j:plain

 

↓ 巨大なぬぐるみだって転がっています。これは、ミュージアムショップでも販売されているオオサンショウウオぬいぐるみの超特大サイズ(170cm)税込25720円です。

f:id:kuksa:20190112230846j:plain

 

大人も子どもも触って楽しんでいます。ベビーちゃんもギューッとくっついていました。このぬいぐるみ、想像以上に手触りが良く気持ちいいのです!説明やぬいぐるみも良いのですが、本物はと言うと…

 

↓ いました。一瞬、岩に見えますが『オオサンショウウオ』の上半身です。最近では、外来種のチュウゴクオオサンショウウオと交雑してしまい、数が激減していると言われていますが、ここでは沢山見られます。

f:id:kuksa:20190112230905j:plain

 

ぬいぐるみは、Sサイズから4段階ありますが、実物に近いのはLサイズの90cm位かな?と思います。流石に170cmのはこちらの水槽にも居ません。大きい物で150㎝位にはなる様ですが…。その他にも、京都の川で見られる魚の展示がありました。ベビーちゃんは『ムギツク』と言う魚が泳ぐ姿をじっと眺めていました。

  

↓ そんな中、ベビーちゃんが最もお気に入りだったのは『ケープペンギン』だった様に思います。アザラシが筒の中を上下上下する姿も見入っていましたが、ペンギンへの関心はもっと強かったです。

f:id:kuksa:20190112230928j:plain

 

↓ 最初に頭上を泳ぐ姿を観察し、その後で上の階に上がって歩いている姿を見ました。ペンギンもガラスのギリギリの場所に立って一列になり、ベビーちゃんの様子を内側から覗いている様でした。

f:id:kuksa:20190112231023j:plain

 

ベビーちゃんのペンギンへの反応はある意味予想通りです。以前、実家から『神戸市立須磨海浜水族園』に連れて行って貰った際にも、餌やり体験をして大喜びしていたのです。今日もペンギンを見つめて動きません…。更に進むと、お魚のエリアもありました。京都の川に住む淡水魚とは違った熱帯のカラフルで綺麗なお魚、比較的身近なお魚等色々な種類がいました。

 

↓ 写真はタツノオトシゴの一種『サンゴタツ』です。

f:id:kuksa:20190112231046j:plain

 

↓ 華やかな『ミノカサゴ』です。私は『ミノカサゴ』を見ると妙にテンションが上がります。

f:id:kuksa:20190112231120j:plain


↓ 『カクレクマノミ』です。近くに居た人が他のクマノミを見ながら「これ(映画のファインディング・ニモの)ニモだ!」と言い、続いて『カクレクマノミ』を見て「あれ?これもニモ?」と話していました。きっと、クマノミに種類がある事を初めて知ったのだと思います。

f:id:kuksa:20190112231147j:plain

 

↓ 『オワンクラゲ』です。クラゲのつかみどころの無い姿がとても好きです。

f:id:kuksa:20190112231208j:plain

 

↓ こちらは『ミズクラゲ』です。クラゲにも色々な種類があります。

f:id:kuksa:20190112231231j:plain

 

流れに沿って見学をしていると、11:30からイルカのショーが始まると案内があり、途中でイルカの水槽に行きました。座席に着くと同時にスタート、暫く見ていると何だか今迄に見たイルカショーの雰囲気と異なります。どうやら〝劇場型イルカパフォーマンス〟と言う独特のスタイルの様でした。

 

↓ 観客も少なめではありましたが、写真に写り込まない様にしているだけで、写真では切れている左手側の座席はほぼ埋まっていました!3人のトレーナーさんと3頭のイルカ、その他、劇場を作り出すパフォーマーの方が複数名での構成でした。

f:id:kuksa:20190112231259j:plain

 

↓ 高いジャンプ!

f:id:kuksa:20190112231331j:plain

 

↓ 後ろ向きに泳ぐ姿も見られました。

f:id:kuksa:20190112231404j:plain

 

イルカショー終了後は、お腹が空いた…と言う事でランチとしました。館内のお店の周辺にある椅子には、170㎝のオオサンショウウオのぬいぐるみが付けられており、一緒に食べる事になりました…。

 

これで、午前の『京都水族館』は終了です。午後には『京都鉄道博物館』へ向かう事にしていました。

では、今回はここまで。