一畑薬師へ参りました。

既に5日過ぎてしまいましたが、いよいよ2019年のスタートです。今年も年始は旦那さんの実家で過ごしました。年末は私の実家でのんびり、年始ものんびりと、全体的にのんびりとした年末年始となりました。また、2日には旦那さんのおじいちゃんおばあちゃんや親戚の皆さんとの御挨拶で松江にも行きました。やはり、1番最初に訪れたのは今年も『米子水鳥公園』でしたが、ちょっと違う場所をご紹介したいと思います。それが…

 

↓ 『一畑薬師』です。島根県出雲市の一畑山山頂にある仏教寺院です。旦那さんのご両親が「どこか行く場所…」と探して下さったのです。

f:id:kuksa:20190105235037j:plain

 

一畑薬師』は〝目のお薬師さま〟として有名で、全国の薬師信仰の総本山だそうです。とても古いお寺で894年(平安時代・寛平6年)に開かれました。894年と言えば、学生時代に遣唐使を廃止した年として「白紙(894年)に戻せ遣唐使」と語呂合わせで覚えた人が多いのでは?と思いますが、その年です。そして、一畑山の麓には『赤浦』と呼ばれる場所があり、このお寺の成り立ちはそこから始まりました。漁師である与一(よいち)はその日、自分が住む板村では無く、その隣の『赤浦』へ漁に出ました。しかし、魚は全く獲れない中、鷹の仲間で海岸に住む鳥『ミサゴ』がぐるぐると飛ぶ場所に引き寄せられると、海中で光る物を発見したそうです。それを引き上げて見ると薬師如来であり、その後、幾つかの段階を経てこの地にお祀りする事になったそうです。

 

↓ 御本尊が「薬師瑠璃光如来(薬師本堂)」「釈迦如来(法堂)」「瑠璃観世音菩薩(観音堂)」なので、あちこちに〝瑠璃〟の文字が見られます。米子ママに買って頂いた『一畑薬師』の山でとれた茶葉を利用した紅茶にも〝瑠璃〟の文字がありました。

f:id:kuksa:20190105235116j:plain

 

↓ 『お茶湯(おちゃとう)』と呼ばれるお茶。信仰のお茶だそうで、御供にしたり飲んだりする事でご利益を得るお茶だそうです。

f:id:kuksa:20190105235159j:plain

 

有名な漫画家水木しげるも、のんのんばあに連れられてお参りし、その様子が『のんのんばあとオレ』に記されています。また、ラフカディオ・ハーン小泉八雲)もここのお茶を持ち帰ったそうです。

 

↓ 境内には可愛らしいキツネさんの置物がありました。

f:id:kuksa:20190105235225j:plain

 

↓ 近付いて見てみると…何だか、それぞれが話し合っている様に見えました。

f:id:kuksa:20190105235251j:plain

 

↓ 〝目のお薬師さま〟とあって、絵馬にも大きな文字で〝め〟と書かれています。今年は亥年なのでイノシシの絵馬もありました。

f:id:kuksa:20190105235313j:plain

 

くるっと回って参拝を済ませ、授与品を扱う場所にてガラガラの福引?をしました。試した私たちは全員4等のポストカードでしたが、そのポストカードはどれも可愛らしかったです。妹ちゃん夫婦が御守を購入している間、うちのベビーちゃんは破魔矢が欲しくて何度も「これ!」と持って来ていました…。今回は買いませんでしたが、長いサイズと短いサイズの2種類ある内、短い方のカラフルな破魔矢が欲しかった様です。特に緑色の破魔矢がお気に入りでした。その後、帰路では山道を下る中、旦那さんは「良い山だなぁ~」と窓の外ばかりを眺めていましたが、今聞いてみると「今回は時間が無かったのであまり見ていない。再訪する、絶対したい!一週間くらいおってもいい(居ても良い)」と何度も行きたくなる程、良かったそうです…。どうやら、ここの自然がとても気に入った様で、じっくり見て回りたいのだと思います。旦那さんにとっては『一畑薬師』そのものよりも、周辺の山や植物の方が重要だった様です。。。「どこか行く場所…」と考え連れて行って下さった米子の両親に感謝です!

 

↓ 最後に…今年も『米子水鳥公園』から眺める大山です。

f:id:kuksa:20190105235343j:plain

 

↓ 窓から『コハクチョウ』やカモ類を眺めていると妙に視線を感じました。真正面から嘴の幅が広い『ハシビロガモ』が見つめていました。

f:id:kuksa:20190105235432j:plain

 

↓ 目的の『コハクチョウ』は見るには見えましたが、南部町方面へ行くグループとの事で、近くを旋回してくれる事はありませんでした。安来方面へ向かうグループは近くに来るそうです。

f:id:kuksa:20190105235505j:plain

 

↓ こちらは『オオハクチョウ』です。『コハクチョウ』は多くいましたが『オオハクチョウ』はこの2羽のみでした。

f:id:kuksa:20190105235535j:plain

 

他にも沢山の種類の鳥を観察し、中には珍しい『ヘラサギ』も見る事が出来ました。写真撮影もしましたが「確かに、嘴がヘラ状になってる!」と分かる程度で、しっかりとは写りませんでした。また、帰省した際には訪れたいと思います。そして今回、遂にベビーちゃんが望遠鏡を覗く事を覚えました。今迄は肉眼で見える物にしか興味がありませんでしたが、パパの真似をしてきちんと覗いて見る事が出来ていたのに驚きました。

 

↓ 最後は帰りの高速バスです。何が50周年なのかは分かりませんが、可愛らしいバスのシールが貼られていました。

f:id:kuksa:20190105235632j:plain

 

↓ 高速バスの窓から見た大山。

f:id:kuksa:20190105235609j:plain

 

年末の実家、年始の旦那さんの実家、どちらも存分に楽しむ事が出来ました。ベビーちゃんも終始元気で、従妹ちゃんと再会する事も出来たとあってご機嫌でした。

 

それでは、皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。