パン屋さんがオープン。

先週の金曜日、東洞院通六角通を下がった御射山公園(みさやまこうえん)近くに新しいパン屋さんがオープンしました。お店の名前は『LIBERTE PATISSERIE BOULANGERIE 』です。本店はフランスのパリ10区です。日本では1号店として東京の吉祥寺にお店がありますが、今回2号店として京都に開かれました!日頃からお世話になっているいつもの奥様からも少し前にお店の案内を送って頂いていたのですが、今回大阪から来てくれる友達が誘ってくれた事もあり、予想外に早くお店に行く事が出来ました。

 

↓ お店の入口には、店名のLIBERTEの文字が表現されたパンがあり、妙に可愛らしく感じました。

f:id:kuksa:20181012221209j:plain

 

↓ パンも購入するつもりでしたが、丁度カフェに空席があったので先にお茶をする事にしました。偶然、カフェ待ちをしているお客さんは無し!椅子も素敵でした。

f:id:kuksa:20181012221343j:plain

 

↓ 実際に通して頂いた座席はソファー席でした。他にも、ハイチェアーが並ぶカウンタータイプの席や普通のテーブル席がありました。未だオープンして1週間。お店の方も慣れていない様子で、暫くメニューを見て待ちました。

f:id:kuksa:20181012221450j:plain

 

↓ 色々なケーキがある中で、京都店のオープン記念として作られた記念タルト〝ラ・グラース〟にしました。

f:id:kuksa:20181012221511j:plain

 

キャラメルとラムの香りが深いクリームと丹波栗がタルトに詰められていました。栗のクリームの隙間には白いサクサクのメレンゲが配されていました。ベビーちゃんはこのメレンゲがお気に入りで、私の分だけではなく、友達からも貰っていました。不思議な事に、人見知りの激しいベビーちゃんですが、今日会いに来てくれた友達だけは全く大丈夫で、手渡しでくれたメレンゲも受け取っていました。他の方だと、大抵私に「貰って!」としますが、何故か大丈夫です。タルトでお茶をした後、パンの列に並びました。

 

↓ パンを購入する為の列ですが、最初はケーキケース、続いてパンのエリアとなります。先程のラ・グラースもあります。

f:id:kuksa:20181012221534j:plain

 

パンの列はかなりの物です。並び初めには「そろそろパンの種類が減りつつあります」とフロアで案内をしておられる方から売切れのアナウンスが聞こえてきました。ちょっと残念な気もしつつ暫く並んでいると、いよいよ私たちの順番となりましたが、実際には売切れになっている物は少ない印象でした。私は、パヴェというフランスの石畳をイメージしたころんとしたパン、食パン型のパン・ド・ミ・ジャポネ、ゴマのセザムを買うつもりでしたが、並んでいる間は売切れだったバゲットが丁度焼き上がったのでパヴェをバゲットに変更しました。お店の方に「パヴェは焼き立てですか?」と聞くと「焼き立てではない」と言う返事だったので、変更です。これが大正解!きっとパヴェも美味しいのだとは思いますが、バゲットがとても美味しかったので大正解です。旦那さんも「美味しい!」と喜んでいました。焼き立て、出来立てをそのまま紙袋に入れて下さったので、美味しいのは間違いありません!また、折角だったので店内の写真も撮りたかったのですが、とにかくあちこち至る所にお客さんがいらっしゃったので、お会計の際の手元近くやズームで撮った写真しかありません…。

 

↓ ヴァローナ社のチョコレートとバゲットの生地を合わせた物だそうです。

f:id:kuksa:20181012221551j:plain

 

↓ これも「焼き上がりました!」と出て来た瞬間のパン・オ・レザンです。

f:id:kuksa:20181012221620j:plain

 

お店は、9時に始まります。お店の方によると、9時~9時半頃は並んで待つ必要も無く、欲しいパンがスムーズに買えるそうです。パン屋さんとしては、他に見ない程、カフェの併設面積も含め、とても広くて大きいです。その結果、多くのお客さんが集まっていても開放的な雰囲気が維持されている様に感じました!!!今回は、新しいパン屋さんについてでしたが、今日は他にも相当数のパン屋さんに行きました!『しろはとベーカリー』『fiveran(ファイブラン)』、ドーナツ屋さんの『ひつじ』『Doughnut Cafe nicotto & mam(ニコットアンドマム)』、焼菓子屋さんの『COLETTE(コレット)』の扱いがある『DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)』…。友達は〝小麦の旅〟と表現していましたが、正にその通り。しかも、思い出してみると、お昼ご飯も小麦でした。

 

↓ お昼ご飯は京都で1番人気と言っても過言では無い『山元麺蔵』でした。変わらず、土ごぼうの天ぷらが美味しいです。

f:id:kuksa:20181012221644j:plain

 

今日は、小麦が原料のおうどんに始まり、あちこちのパン屋さんを巡りました。〝小麦の旅〟どころか〝小麦祭り〟でした。そんな、食を中心とした1日でしたが、観光も合間にして来たのです。『山元麺蔵』から少し北側に出ると〝ウサギが可愛らしいパワースポット〟として知られる『岡崎神社』があります。友達にも「行ってみる?」と提案すると「行く!」との返事。早速、バスに乗る前に立ち寄りです。

 

↓ 『岡崎神社』です。ここには、狛犬ではなく狛ウサギやウサギの置物、ウサギのおみくじ…と、ありとあらゆるものがウサギになっています。

f:id:kuksa:20181012221704j:plain

 

↓ ウサギみくじの白。

f:id:kuksa:20181012221747j:plain

 

↓ ピンク。

f:id:kuksa:20181012221801j:plain

 

一通り参拝をした後、友達は1つ500円のウサギみくじを選んでいました。「白とピンク、どっちが良いかな?」と色から悩み、次には少しずつ異なる表情の違うウサギに悩みながらも1つ選んで来ていました。そして、そのウサギの中に入っていたおみくじは…大吉でした!!!良い事がありそうな予感です。

 

↓ 丁度、氏子大祭が近いとあって、御神輿が見えていました。

f:id:kuksa:20181012221817j:plain

 

ここをもって、岡崎周辺とはお別れをして町の中心部方面へ移動しました。そして、〝小麦の旅〟がスタートしたのでした。

 

↓ ただ、やるべき事もきちんと行ったので、旦那さんのおつかいでお茶の『一保堂』本店にも行きました。必要な物を無事購入です。

f:id:kuksa:20181012221836j:plain

 

すると、このエリアの通りでもある寺町通周辺では、不思議と沢山の『フジバカマ』の鉢植えが見られました。「どうしてこんなに?」と思いながら歩いていると、『藤袴祭』と言うイベントが開催されている事が分かりました。今年で4回目だそうです。「香りが街を包む」と書いてありましたが、香りを確かめて来るのを、すっかり忘れてしまったのでした。

 

今日は美味しいパンを食べる事が出来、大満足です。旦那さんと私はバゲットを楽しみましたが、ベビーちゃんは『fiveran』の無花果とマスカットがこれでもかと入った〝イチジク・マスカットルヴァン〟を美味しそうに頬張っていました。

では、今日はここ迄。