小籠包には黒酢が合う。

今日はいつもの奥様と小籠包を食べて来ました。とは言っても、小籠包付きのランチで、私が選んだランチセットのメインは海老ワンタンの入ったスープ麺です。それでも、こちらのお店『鼎's by JIN DIN ROU 京都三条店 』に訪れると決まってからは、頭の中が小籠包で一杯になっていました。

 

↓ ランチセット。どうも写真の色が美しくありませんが、とても美味しく頂きました。

f:id:kuksa:20180927235321j:plain

 

↓ 小籠包は4つ。

f:id:kuksa:20180927235458j:plain

 

羽根つき焼き小籠包と蒸小籠包のどちらかを選べますが、私は迷わず蒸です!お店のイチオシは羽根つき焼き小籠包の様ですが、蒸された熱々の小籠包に黒酢と生姜を刻んだ物を添えて食べるのが好きです。

 

↓ 最後のデザートは杏仁豆腐。杏仁豆腐にはお決まりのクコの実がのっています。

f:id:kuksa:20180927235515j:plain

 

杏仁豆腐には何故か大抵クコの実がのっています。クコの実は、ゴジベリーとも呼ばれ、血圧や血糖の低下、抗炎症作用等があるとも言われています。食べてもあまり美味しい物ではありませんが、真っ白な杏仁豆腐にこの朱赤の実はとても映え、色彩的な面で最高の組み合わせだと思います!!!これに黒ゴマがのっていても気持ち悪いです…。

 

今日も、いつもの奥様と色々なお話をして楽しみ、お世話になりました。未だまだ行った先はあるのですが、今しなければならない事で手一杯なので、また続きは後日更新するとします。

 

では、また!