長~いきのこ発見です。

非常に強い台風が迫って来ています。きっと、この台風は明後日の4日に上陸し、近畿地方へやってきますが、当然のことながら台風が来るとベビーちゃんも外には出られません。お外遊びが大好きなベビーちゃんを思い、親子3人でお散歩に出掛けました。すると…これ迄に中々お目見えした事の無い珍しいきのこや、豊作だと嬉しいきのこが沢山出ていました。

 

↓ その〝長~いきのこ〟とは、こちらです。名前を『アシナガイグチ』と言います。写真では、傘の部分しか写っていませんが、全体を見てみると、長いのです!!!

f:id:kuksa:20180902221150j:plain

 

↓ こんな感じです。何故か『アシナガイグチ』は真っ直ぐに伸びずにどこかでぐにゃ~と曲がっている事が多いのだそうです。

f:id:kuksa:20180902221214j:plain

 

イグチと言う仲間のきのこは、多くがころころと丸みを帯びた物が多いのです。ですが、この『アシナガイグチ』はツルタケの仲間の様に、柄の部分がとても長いのです。色々なイグチを目にしますが、この『アシナガイグチ』と出会える機会はそう多くはありません。

 

↓ 他にも白いイグチの仲間です。少し古く朽ちていますが、綺麗です。『ホオベニシロアシイグチ』や『アケボノアワタケ』に似ていますが、種類は分かりません。

f:id:kuksa:20180902221248j:plain

 

↓ こんなヘルメットの様な形をした可愛らしい『コウジタケ』らしききのこもありました。

f:id:kuksa:20180902221538j:plain

 

↓ かと思えば、ド迫力の『ヤマドリタケモドキ』もありました。両掌位の大きさがあります。ベビーちゃんにも見せてあげたかったのですが、既にナメクジが食べた後だったのでやめておきました。

f:id:kuksa:20180902221634j:plain

 

↓ こちらはイグチの仲間ではありませんが『ベニタケ』か『ニオイコベニタケ』の仲間らしききのこです。真上から見ると、桃にしか見えません。ちょっと傷みのある白桃の様です…。

f:id:kuksa:20180902221307j:plain

 

↓ でも、横から見るとれっきとしたきのこです!

f:id:kuksa:20180902221336j:plain

 

↓ 何かに似ている…だと、この写真にもきのこが写っています。中央の黄色味掛かった石らしき物です。

f:id:kuksa:20180902221409j:plain

 

↓ それが…『ニセショウロ』です。一瞬『ホコリタケ』にも見えますが、表面を擦って黒い部分が見えたり、全体にパフパフしたりしなければ『ニセショウロ』です。

f:id:kuksa:20180902221447j:plain

 

↓ 先程似ているとした『ホコリタケ』がこちら。どちらも複数見られました。

f:id:kuksa:20180902221511j:plain

 

そして、最後にもう1度イグチの仲間『ムラサキヤマドリタケ』の登場です!何となく歩いていると、黒っぱい頭をしたきのこを発見しました。ですが、至る所にあります!まさか?と思いながら旦那さんに「あれ…黒いの…」と言いました。すると、旦那さんもびっくり!

 

↓ 『ムラサキヤマドリタケ』が沢山生えていたのです。

f:id:kuksa:20180902221653j:plain

 

↓ 『ムラサキヤマドリタケ』が籠に一杯です!何枚か前の写真でも『ヤマドリタケモドキ』が登場しましたが、それと同じくフランスで『cèpe(セップ)』、イタリアで『porcini(ポルチーニ)』、ドイツで『Steinpilz(シュタインピルツ)』と呼ばれる『ヤマドリタケ』の近縁種とあって食べられるきのこです。

f:id:kuksa:20180902221712j:plain

 

きのこのお掃除は旦那さんのお仕事です。いつも丁寧に仕上げてくれます。今回も、帰宅後に旦那さんがせっせと処理してくれました。その後は私が引き継ぎ、夕食に美味しく頂きました~。今日は普通のお散歩のはずが、とても良い〝きのこ狩り〟となりました。

 

では、また近い内に。