ウサギの跳ねる美術館。

今回は米子市内を離れ、お隣の町、島根県松江市に。行先は『島根県立美術館』です。『島根県立美術館』は宍道湖の湖畔にある素敵な美術館です。これ迄にも何度か訪れていますが、今回は日本画の企画展がありました。

 

↓ エントランスの向かって右側です。

f:id:kuksa:20180818233155j:plain

 

↓ 近付いてみると、現在展示されている作品のパネルが見えます。

f:id:kuksa:20180818233248j:plain

 

今回は、長野市にある『水野美術館』のコレクションが展示されていました。横山大観の『無我』や上村松園の『夏の美人圖』等、有名作品が沢山です!水野コレクションの水野さんとは、きのこ生産の『ホクト株式会社』の創業者・水野正幸さんです。展示されている65点の作品を見学した他には、大好きなマスキングテープを購入しました。ウサギ柄のピンク色が可愛らしい美術館オリジナルデザインです。そして、キッズライブラリーも設置されていたのでちょっと立ち寄りました。

 

↓ 開放的なスペースに子どもが好きそうな絵本が並んでいました。靴を脱いで上がる仕様なので、とても綺麗です。

f:id:kuksa:20180818233424j:plain

 

旦那さんには、私がおすすめする『ぼく、だんごむし』を紹介しました。一通り読んだ後で「これ、ベビーちゃんに買ってあげたいな」と。やはり、旦那さんも気に入った様です。きっと、近い内に自宅の絵本コレクションに追加される事と思います。更に、宍道湖湖畔に出てみると…

 

↓ ぴょんぴょん跳ねるウサギちゃんと出会う事が出来ます。

f:id:kuksa:20180818233318j:plain

 

写真では2羽しか写っていませんが、ずらりと列をなして飛び跳ねるウサギちゃん達がいます。個人的には『島根県立美術館』は展示も良いですが、このウサギちゃんと宍道湖の景色を見るのも醍醐味だと思っています。

 

↓ お昼ご飯は、近くの『ふじな亭』と言うお店で名物の鯛めしを頂きました。ベビーちゃんもパクパク食べていました。

f:id:kuksa:20180818233500j:plain

 

ご飯はしっかりとあります。3回に分け、鯛のほぐし身や色々な薬味を乗せて美味しいお出汁を掛けて頂く食べ方が良いそうです。お膳には、しっかりとしたもずくも出ていました。私はもずくが大好きです。既にお腹は一杯になっていましたが、もずくを好まない旦那さんの分も貰って食べました~。美味しかったです!!

 

では、また。