牛さんに会いに大山へ。

昨日から、鳥取県米子市に滞在した時の事を書いています。今回は『大山』の麓にある『大山まきば みるくの里』です。天然酵母が美味しい『コウボパン 小さじいち』から車で少しの場所にあります。自宅近所の公園で出会う鹿さんや水族館・動物園の動物等、生き物が大好きなベビーちゃんに「牛さんと会わせてみよう!」と行ってみたのです。

 

↓ 沢山の牛さんが自由に過ごしています。草を食んでいたり寝転がっていたり…。

f:id:kuksa:20180818221639j:plain

 

↓ 色々な模様の牛さんがいます。

f:id:kuksa:20180818221730j:plain

 

そして、ベビーちゃんも遂に牛さんとご対面です!が、しかし…。大きさに圧倒されたのか、ベビーちゃんは牛さんに向かってバイバイをしていました。要は苦手だったのです。暫くすると慣れてはいましたが、それでもやはり最後迄、好きにはなれなかった様で残念でした。

 

↓ 白と黒の牛さんらしい模様も良いですが、真っ黒で眉間にちょこんと白のお顔も凛々しくて素敵です。

f:id:kuksa:20180818221847j:plain

 

牛さんを見た後は『大山まきば みるくの里』でお買い物です。乳製品やハム・ソーセージの加工品、お菓子等、美味しそうな物が幾つもありました。パセリの含まれたソーセージと白バラ牛乳のかりんとうを買い、最後にはソフトクリームを食べました。とても濃厚で美味しく、ミルクの深い味わいがありました。

 

↓ 『大山まきば みるくの里』の建物。

f:id:kuksa:20180818221946j:plain

 

↓ 私たちが訪れた日、偶然テレビ?の取材が行われていました。

f:id:kuksa:20180818222107j:plain

 

『大山』周辺には、見て回る場所が点在しており、食も体験も楽しめます。ですが、何よりも楽しむべき物は自然です!西日本最大級のブナの森が広がり、多種多様な生物が住んでいます。中でも鳥類は日本で見られる種類の3分の1と出会える可能性があるのだそうです。そんな『大山』ですが、平成30年の今年は開山1300年の記念の年です。それに伴い〝大山開山1300年祭〟も開催されるそうです。公式パンフレットもあるそうなので、近くに来られる方は参考になされては?と思います。

 

では、また近い内に。