トマトがうっすら赤く。

今日の午後、畑に行きました。いつもお世話になっている農家さんから「ミディトマトが色付いてる」とお聞きしたので、早速です。

 

↓ 確かに、うっすら赤くなっていました。可愛らしいトマトが連なっています。

f:id:kuksa:20180617230517j:plain

 

↓ 周りを見渡してみて、1番赤いトマトがこれでした。全体的に未だ緑が強いです。

f:id:kuksa:20180617230540j:plain

 

そこで、ふと気になりました。「ミディトマトって何だろう?」と。トマトの品種でも無いし、何者?!と気になります。そして、調べてみると、ミディトマトは、大玉種のトマトとミニトマトを組み合わせ、品種改良を重ねて誕生した中玉種のトマトの総称だと言う事が分かりました。なので、ミディトマトにも品種名はそれぞれあり、代表種は『フルティカ』と言う品種だそうです。では、お世話になっている農家さんが育てて下さっている苗は何と言う品種なのでしょうか?また、聞いてみようと思います。ミディトマトの特徴は、1個当たり50グラム前後の大きさで、果肉がしっかりとしている点だそうです。一般的に、栄養価の面で見ても、大玉種のトマトと比較して、高栄養でリコピンが多いとの事。小さくても濃い味わいの美味しいトマトが多いそうです。今回は、比較的赤い物を4つ収穫して来ましたが、それぞれの重さは大きい物から61.6グラム・61.4グラム・50.9グラム・35.0グラムで平均すると52.255グラムでした。未だ完熟と言える色には達していなかったので、暫くベランダで日に当てていました。すると、旦那さんが「カラスがベランダのトマトを狙っているよ~」と。慌てて、カラスの届かない所に移動させました。次回は、木で完熟になるのを待って収穫して来ようと思います。

 

昨日の事、午前中は特別な用事があり『石清水八幡宮』近くへ出掛けました。そして、午後には午前中にお世話になった方に京阪『樟葉駅』に送り届けて頂きました。気が付けば、朝は京阪『八幡市駅』で京都府八幡市でしたが、帰りは京阪『樟葉駅』だったので、いつの間にやら大阪府枚方市に居ました。そこで昼食です。旦那さんは、午後に用事があったので、一緒に昼食を済ませた後に向かいました。私は、真っ直ぐ帰っても良かったのですが、そうそう来るチャンスも無い場所に来たので一通り見て帰る事にしました。

 

↓ 駅前の『くずはモール』は名前だけは聞いた事のある場所でした。

f:id:kuksa:20180617230620j:plain

 

↓ 色々なお店があり、あちこち眺めているとアンパンマンの衣服を販売するお店を見つけました。

f:id:kuksa:20180617230701j:plain

 

ベビーちゃんはアンパンマンが大好きです。私もキャラクターとしては大好きです。ですが、衣服には取り入れたいデザインでは無いのです。なので、販売用の棚になっているアンパンマン号を見学してお店を後にしました。このアンパンマン号、時々、アンパンマンの声が聞こえる様です。でも、どうしてアンパンマン号からアンパンマンの声がするのか少し不思議になりました。大抵、運転しているのはジャムおじさんやバタコさん、チーズだと思うのですが…。

 

では、また。