案外、気付かない物…。

昨日、いつもお散歩に行っている『宝ヶ池公園』で初めて気付いた物がありました。それは、看板…と言うか、看板の裏側です。ぐるりと池の周りを一周、歩いて回る事が出来るのですが、どうした事か、決まって池を左手側にして回っていました。すると、いつの間にやら看板が新しくなったという事は随分前から気付いていましたが、こんな事になっていたとは!!!です。

 

↓ これが新しい看板。池の周りが1周1500メートルで、スタート地点からどれだけ進み、現在地はここですよ、と知らせてくれています。

f:id:kuksa:20180523233357j:plain

 

目立ち過ぎず、でもはっきりとわかるデザインで「結構素敵だなぁ」と思っていました。そして、この看板に表裏がある事なんて、疑いもしていませんでした。ですが、たまたま、いつもの私からすると逆走コースを歩いてみてびっくり!何と、裏側は裏側で素敵なデザインになっていたのです。

 

↓ 裏側。『モリアオガエル』が描かれ〝ゲロゲロじゃなくてコロロロロ〟という言葉も可愛らしいです。更に、QRコードもついていて、アクセスをすると『宝ヶ池公園』の生態系が分かる様になっています。

f:id:kuksa:20180523233427j:plain

 

↓ 先程の400メートル地点から200メートル進むと…600メートルの看板。

f:id:kuksa:20180523233524j:plain

 

↓ こちらの裏側には〝ほぼ宝石〟と。生き物は…少し見にくいですが…

f:id:kuksa:20180523233702j:plain

 

↓ 『タマムシ』です。

f:id:kuksa:20180523233728j:plain

 

調べてみると、京都市のホームページに詳細が出ていました。これは、京都精華大学との連携事業により作成されたそうです。他にも『オシドリ』や『カワセミ』、『ニホンイシガメ』等、全部で8種類の様です。『オシドリ』は〝実は毎年、パートナー変えてるんで〟や『カワセミ』の〝得意料理は「魚のタタキ」〟と言った言葉が添えられており、ちょっと笑える素敵な看板です。旦那さんにも「これ、生き物が描かれてるって知ってた?」と聞いてみましたが、やはり「気付いてなかったー」との返事。次回は、親子で看板もしっかり見つつお散歩を楽しみたいと思います。

 

では、また。