豆苗が育って開花です。

朝晩は肌寒いものの、日中は半袖でも十分な暑さです。4月にして日本各地で30度を超えたや超えるかもしれないといったニュースが流れています。梅雨も通り越し、もはや夏なのでは?!と勘違いしてしまいますが、ほんの少し前迄は「寒い時期にはお鍋が1番~」と鍋料理を楽しむ日々でした。そんな鍋料理ですが、いつもお世話になっている農家さんのお陰で主な野菜はスーパーで買う必要がありませんでした。それでも、メインとなる魚介類や肉類、きのこ類を買うのとあわせて、旦那さんが好きな豆苗は頻繁に買いました。その豆苗ですが、パッケージには、切った根元部分を水に浸けておけば再生し、何度も食べられてお得であると書いてあります。それを見た私、何度かやってみたものの、やはり買ったばかりの時の様に柔らかくは育たず、細く硬く針金の様になるのが嫌で、結局1度でバイバイ…となるのがお決まりのコースでした。ですが、ふと「これ、収穫せずに育てきったらどうなるのだろう?」と疑問が湧きました。豆苗の元となる豆は『エンドウ』です。であれば育てばエンドウ豆になるのだろうか?と…。早速、使っていない大きめの容器に水を張って豆苗の豆部分+豆苗の苗部分5センチ程を浸しました。水が無くならない様に日々しっかりと観察です。すると、いつもの様に豆苗の二番煎じ?が成長して来ました。未だまだです!更に時間が経過し、もさもさになって来ました一部の蔓がくるくると伸び、横にある九条ねぎに巻き付き始めました。そして今日、遂に発見です!!!

 

↓ 豆苗の花=『エンドウ』の花が開花しました。

f:id:kuksa:20180422230115j:plain

 

↓ 近くで見ると、こんな感じ。正しく『エンドウ』の花です。

f:id:kuksa:20180422230241j:plain

 

やはり、豆苗を育て続けると『エンドウ』として発芽済・成長・開花…と進む様です。このまま続けていれば、豆が収穫出来るのも夢ではない?と期待しつつ、今日も水を追加しておきました。

 

↓ そして…発見してしまいました。しぼんだ花…。どうやら、今日見つけたのは2番目に咲いた花だった様です。あまりのもさもさ具合に下の方は見えていませんでした。失敗です。

f:id:kuksa:20180422230549j:plain

 

↓ もさもさの状態。支柱をせずにここまで来てしまったので、しな垂れかかりつつとぐろを巻いた様になっています。

f:id:kuksa:20180422230613j:plain

 

折角と言うのもおかしいのですが、少しの間育てた事で開花した『エンドウ』なので、ベビーちゃんもベランダに呼んで見せてあげました。タンポポ等の花を見つければ必ず摘んでしまうのですが、何故か今日は不思議そうに覗き込み、観察をしていました。花が終われば実がなるはず!楽しみに育て続けようと思います。

 

では、今日はここまで。