筍ご飯と土佐煮が完成。

昨日、いつもお世話になっている農家さんから電話がりました。「筍、いらんか~?茹でてあるからすぐ食べられるで」と。それは助かります!農家さんが掘りたての筍を軒先で大鍋を使って茹でて下さったそうです。そして〝水煮〟状態になった立派な立派な筍が届きました。旦那さんに「どうやって食べたい~?」と聞くと「鰹節と山椒の葉っぱののった煮物」と返事がありました。要は、土佐煮と言いたかった様です。それにしても、常備しているわけでは無いのに、どうして山椒の葉っぱ、木の芽が家にあると分かったのだろう?と思いつつ作ってみました。

 

↓ 旦那さんの希望は土佐煮、私はやっぱり筍ご飯です!!!

f:id:kuksa:20180414230639j:plain

 

今晩の他のおかずは、旬のあさりを酒蒸しにした他、長芋と大葉の和え物、焼き魚等でした。和食の夜ご飯です。旦那さんも「美味しい!」と希望通りの土佐煮を喜んで食べてくれました。届いた筍、とても立派だったので、未だ少しあります。残りは何にして頂こうかな?と思いを巡らせつつ、今日やらなければならない事を済ませてしまわねば!と焦っている所です。

そして、焦っていると言えば、今日は久々に焦りました。「もうすぐお昼ご飯にしなきゃ…」と思っているタイミングで、ベビーちゃんが珍しく大泣きしました。その直前にスライドタイプの扉の辺りで転倒し、いつもに無い大きな声で泣いていたのです。「大丈夫?どこが痛いの?」と聞くと、きちんと足を出していました。良くよく見ると…左足の中指の小さな小さな爪が3分の2程浮いています。どうやら、スライド扉の狭い段差で足を取られた様です。急いでかかりつけの小児科に電話をしてみると「外科的治療が必要であれば紹介しますが、診察出来ますよ」と言って頂き、すぐに向いました。前日にきちんと爪を切っていたので大事には至らずでしたが、その内爪が外れるとの事でした…。家に帰った頃には、既に走り回っていたので大丈夫そうですが、久しぶりに焦った1日でした。

 

では、今日はここまで。