花々が咲き誇る・後編。

昨日の更新では『京都薬用植物園』の椿園をメインにお届けしました。後編となる今回は、樹木園のエリアを中心に、園内で見られた色々な植物について書いてみたい思います。

 

↓ 園内では、どこを見ても何かしら咲き誇るお花の姿がありました。濃いピンク色は『コバノミツバツツジ』ですが、至る所にありました。

f:id:kuksa:20180402233644j:plain

 

↓ 大きい物になると、壁の様です。

f:id:kuksa:20180402233819j:plain

 

↓ 樹木園は全体的に緩やかな山の斜面に色々な品種の樹木が植えられていますが、その合間からは比叡山が見え、比叡山の山肌にも桜のピンク色がふんわりと見えていました。背の高い桜からは風と共に花弁がひらひらと飛んできました。

f:id:kuksa:20180402233943j:plain

 

↓ 『コブシ』も白くて可愛らしいです。

f:id:kuksa:20180402234658j:plain

 

『コブシ』に似た植物に『モクレン』があります。色が白い『ハクモクレン』となると見間違えがちですが似ていても違います。簡単な見分け方は、お花が全開になって開花するのが『コブシ』で、中途半端な状態でチューリップの様な形をしているのが『モクレン』です。ただ、ややこしい事に『コブシモドキ』と言うのもあります…。

 

↓ 私が初めて知った『ヒュウガミズキ(イヨミズキ)』です。

f:id:kuksa:20180402234956j:plain

  

樹木園とあって、木の上にばかり目が行きましたが、足下にも色々な植物がありました。

 

↓ 『カタクリ』です。俯き加減が可憐です。

f:id:kuksa:20180402235114j:plain

 

↓ 『ショウジョウバカマ』です。五山の送り火で有名な大文字でも見られます。

f:id:kuksa:20180402235216j:plain

 

↓ 『イカリソウ』です。花脊方面で群落になっている所を見た事がありますが、不思議な形をしています。

f:id:kuksa:20180402235248j:plain

 

↓ 不思議な形と言えば、こちらも中々です。『ザゼンソウ』です。

f:id:kuksa:20180402235730j:plain

 

仏様の光背の様な形をした花弁の重なりが僧侶が座禅を組む姿に見えるとして名付けられています。珍しいです。

 

↓ 水の流れる場所では『ワサビ』も咲いていました。

f:id:kuksa:20180403000112j:plain

 

↓ 『ツワブキ』です。葉っぱの形が印象的なので忘れがちですが、種を見ればキク科植物である事を思い出させてくれます。

f:id:kuksa:20180403000353j:plain

 

↓ 『タラノキ』の新芽は〝タラの芽〟ですが、山歩きをしていると、この部分をスパッと切り落とされている様子を多々見掛けます。確かに美味しいのですが、そこから成長をして来る場所になるので、全部採るのは止めて欲しいなぁと思います。

f:id:kuksa:20180403000603j:plain

 

↓ 樹木園もすっかりおりて来ると『サンシュユ』です。

f:id:kuksa:20180403000657j:plain

 

↓ 少し離れてみると『サンシュユ』と桜が競演する姿が見られました。

f:id:kuksa:20180403000842j:plain

 

↓ 『サンシュユ』の辺りを通り抜けると『アンズ』です。花の中にアリが入っていました。

f:id:kuksa:20180403000909j:plain

 

今回の『京都薬用植物園』もこれで終了です。いつもの通り、植物大好きな実家の両親と共に参加して来ました。上り坂に苦労しつつも、ミツバチの様にあっちのお花へこっちのお花へ…と楽しそうに見学していました。

 

↓ 最後に桜の木を眺めつつ、帰宅の途につきました。

f:id:kuksa:20180403001127j:plain

 

では、また近い内に!!!