札幌出張に同行する④。

前回の更新で、札幌には沢山の雑貨屋さんがあるとお伝えしましたが、今回はその続きになります。そして、ちょっとその前に札幌で1番お気に入りとなった場所をご紹介します。では…

 

↓ カフェ『森彦』の本店。札幌市内に幾つかの店舗がありますが、この木造古民家が本店になります。とても小さなお店です。ですが、その小ささが心地よく、どこまでも行き届いています。

f:id:kuksa:20180322223447j:plain

 

↓ 階段を上がって2階へ。1階にも席がありますが、2階は写真にある窓際の席と階段横、少し奥まったスペースと私たちが使わせて頂いた真ん中の大きなテーブルがあります。

f:id:kuksa:20180322223521j:plain

 

ここは「時間があれば訪れたいけどどうかな?でも行くなら私とベビーちゃんだけで無く旦那さんも一緒に…」と思っていたのですが、好運にも時間が出来た上にお客さんが少ないタイミングだったので入る事が出来ました。

 

↓ 冬季限定の玄米餅の白いおしるこ。これが食べたかったのです!コーヒーは旦那さんは本店限定〝森の雫〟をセレクト。ネルドリップで丁寧に入れられる一杯です。私は…あまりに嬉しくて旦那さんとは別のコーヒーにしたのですが、名前を忘れました。

f:id:kuksa:20180322223627j:plain

 

↓ 待っている間もゆったりと時間は流れるも、珍しくベビーちゃんは激しくごそごそ。待っている間は、店内に置かれていたカルタを見ていました。

f:id:kuksa:20180322223746j:plain

 

↓ 「ちゃんと食べて飲めるかな?」と困っているところへ来ました来ました!!!一安心です。

f:id:kuksa:20180322223722j:plain

 

↓ 玄米餅の白いおしるこ。玄米餅は香ばしく、おしるこは優しい甘さで感動です。旦那さんも「これ、美味しい!」と。大人2人で大盛り上がりでしたが、ベビーちゃんはいつものビスケットを与えられただけで不服そうでした…。ごめんね。

f:id:kuksa:20180322223827j:plain

 

1階には、コーヒーやクッキーの販売がありましたが、既に購入していたのでこちらではお会計だけを済ませました。コーヒーとおしるこをそれぞれ2つずつでそこそこのお値段にはなりますが、こんなに美味しい物は滅多に味わえないと思います。

 

↓ 本店とは別。石鹸屋さんの『Siesta Labo.』隣にある『アトリエ・モリヒコ』で販売されているコーヒー。

f:id:kuksa:20180322223853j:plain

 

↓ クッキーもありましたが、持ち帰る頃には粉々になっていそうなので、お土産にコーヒーを少し買ってきました。

f:id:kuksa:20180322223919j:plain

 

「札幌でもう一度行くなら?」と聞かれれば、自信を持って答えられるお店と出会えました。では、ここからはマンション1棟全てが雑貨屋さん等が集まっている珍しい場所のご紹介です。もはや、マンション全体が手作り市です。マンションの名前は『シャトー・ル・レーヴ』でおの集合体は『Space1-15』です。

 

↓ 外観は普通のマンション。でも、ここはクリエイティブな人々が集まるマンションなのです。行きたいお店のインターホンの番号を押して開けて頂きます。1度中へ入ってしまえば開いているお店は自由に見る事が出来ます。

f:id:kuksa:20180322223948j:plain

 

私が行ってみたいと思っていたお店は臨時休業。さて、どこのインターホンを押そうか…と悩んだ結果、こちら『mano』を選びました優しい女性の声で「は~い」と。するとガチャっと開錠され、後から来られた別のお店を目指しておられたお客さんとエレベーターに乗りました。誰も居なかったらどうしよう?と思いましたが、マンション全体を沢山のお客さんがウロウロしていたので安心しました。

 

↓ 手に馴染む器を販売されている『mano』です。

f:id:kuksa:20180322224013j:plain

 

↓ 中央にあるアケビ色の紫の釉薬が掛かった作品が素敵でした。

f:id:kuksa:20180322224038j:plain

 

飛行機で持ち帰るのに心配な陶器は諦め『mano』を後にし、次のお店(部屋)へ移動しました。

 

↓ 本当にこんな感じで普通のマンションです。

f:id:kuksa:20180322224123j:plain

 

↓ 私と同時にエレベーターに乗ったお客さんをはじめ多くの方が向かっていたのがこちら。『CAPSULE MONSTER』はガチャガチャの様に楽しめるお菓子を目指されているそうですが、そのどれもがとても丁寧で美しいお菓子でした。

f:id:kuksa:20180322224210j:plain

 

↓ フィナンシェやパウンドケーキが沢山!パウンドケーキは〝スパイス2〟等のネーミングが面白いです。〝スパイス1〟は無く、普通に〝スパイス〟として販売されていました。

f:id:kuksa:20180322224238j:plain

 

↓ 勿論購入です。パウンドケーキ4つとスコーンを購入しました。

f:id:kuksa:20180322224313j:plain

 

↓ 量り売りのお店『トロッコ』です。

f:id:kuksa:20180322224345j:plain

 

↓ 日頃は、建築関係のお仕事をされている方が、ごみを少なく環境へ配慮した生活を心掛けて始められたそう。セージとスギナを1グラムずつ買って60円+税のお支払い。

f:id:kuksa:20180322224416j:plain

 

調味料も紐?も何でも量り売り。電気の線も量り売りされていました。容器を持参で行かなければならないお店ですが、私の様に偶然訪れる人もいると思うので、リサイクル瓶等でも置いてあればなぁ~と思いました。お店の方、とても素敵な方でした。

 

↓ 奥まったお部屋にあるお店は…

f:id:kuksa:20180322224442j:plain

 

↓ 多肉植物やサボテンを扱うお店でした。

f:id:kuksa:20180322224519j:plain

 

飛行機で持ち帰るのは辛いのすが、どれも素敵で、寄せ植えされている器が良かったです。多肉植物やコケを愛する人が多いそうなので、そんな方々にはぴったりなお店でした。他にも、沢山のお店と言うか工房がありました!店内でカタカタとミシンの音がするお店、レコードの音がするお店、予約制らしいですが整体や写真教室もあるそうです。基本的にはどこも週末しか開いていないそうですが、面白い場所に足を踏み入れた様に思います。札幌市内あちこち歩き回り、ご紹介しきれない程のお店に行きましたが、この位にしておこうと思います。

 

おまけとして…「札幌で何か良い物はあった?」と聞かれる事が多々あります。そこで、滞在中に私が購入した物を一部掲載します。

 

↓ 百貨店の『丸井今井』にある北海道製品を扱う『きたキッチン』で買った物。北海道産のそば粉を使ったお蕎麦や珍しい海藻の仏の耳。仏の耳はギンナンソウと言うそうです。ハチミツは道北で採られるアザミのハチミツです。ジャムも珍しく、長芋と柚子・大根とりんごの組み合わせです。

f:id:kuksa:20180325010834j:plain

 

↓ 〝ミルクカステーラ〟と〝道産子ド定番〟と言ううずまきかりんとうは北海道で馴染みのあるお菓子だそうです。ホテルの部屋では『オヒョウ』と言う魚と生ほたてのお刺身を食べました。その為に買ったお醤油も北海道産。

f:id:kuksa:20180325010911j:plain

 

スーパーにて『オヒョウ』が全面押しだったので、新鮮そうだし買ってみようと思い購入したものの、後々調べてみると大きな大きなカレイでイギリスではフィッシュアンドチップスの材料になる魚だと知りがっかり…。写真には有りませんが、お寿司屋さんで食べた生ほたての美味しさを思い出して買ったほたての方が随分美味しかったです。

 

↓ 富良野のハムが美味しかったので、別のハムを…。ホテルでも旦那さんが朝から朝ご飯を作ってくれていました。火は使えませんでしたが、ポットのお湯があるので美味しいコーヒーに果物とパン、ハム等で盛り沢山です。

f:id:kuksa:20180325011057j:plain

 

↓ 一部はお土産ですが、ほとんどを現地にて食べて来ました。ゆめぴりかの乾燥玄米入りグラノーラは是非試してみたい物でした。〝ホクレン〟の物ですが〝ホクレン〟と書かれていると何だか美味しそうな気がします。

f:id:kuksa:20180325010950j:plain

 

写真中央右寄りの円柱に入った物は昆布です。〝春採り真昆布スティック〟は『きたキッチン』にて入荷待ちになっていた商品です。ちょうどテレビで紹介されたとの事で数日間売切れでした。ようやく1本購入する事が出来ました。この昆布、とってもサクサクで美味しかったです。

 

↓ 『六花亭』のお菓子を個別に購入。旦那さんは、黒糖の香りが豊かでモチモチした食感が美味しい〝べこ餅〟を気に入っていました。他のお菓子屋さんにも〝べこ餅〟がありましたが、北海道では一般的なのでしょうか。

f:id:kuksa:20180325011149j:plain

 

↓ 『きのとや』の〝札幌農学校クッキー〟です。北海道大学認定で北大の生協や『きのとや』の各店舗で購入出来ます。売上の一部を北大の教育・研究支援の為に寄付されているそうです。

f:id:kuksa:20180325011122j:plain

 

 

↓ 『北菓楼』の〝くるみ餅〟と『morimoto』の〝チェリージュエリー〟です。有名なのはチェリーでは無くハスカップ味です。写真には写っていませんが、ハスカップの方が甘酸っぱくて美味しかったです。『morimoto』は小さなパンの量り売りがあり、滞在中お世話になりました。朝食のパンとして、ベビーちゃんの急な「お腹空いた!」対策として。どれも小さいながらきちんと作られていて美味しく頂きました。

f:id:kuksa:20180325011337j:plain

 

↓ 『Siesta Labo.』の石鹸や『森彦』のコーヒー、欲しかったトランク型の箱とグラノラバー、ここで登場!〝ハスカップジュエリー〟です。

f:id:kuksa:20180325011018j:plain

 

他にも、随分細々と購入しましたが、その多くを現地にて消費しての帰宅だったので荷物はすっきり軽かったです。スーツケースに入る荷物の量も限られているので…と片っ端から食べました!有名な物では『HORI』の〝とうきびチョコレート〟も勿論買いました。それに、北海道でしか売っていないとされるインスタント焼きそばの〝やきそば弁当〟も!〝やきそば弁当〟は本来捨てるはずのお湯をスープとして飲む為に粉末スープが付いているのだそうです。食べようと思って買ってはみたものの、食べ損ねたのでこちらは嵩張りましたが、持ち帰りました。近い内に食べてみようと思います。

今回で雑貨屋さん関係は終わりです。次回は、『札幌市円山動物園』の動物をご紹介します。3月13日にオープンしたばかりの〝ホッキョクグマ館〟にも行く事が出来ました!!!

 

もう暫く、札幌ネタにお付き合いを頂けると嬉しいです。