子どもの楽園にて遊ぶ。

今日は『宝ヶ池公園』の一部である『子どもの楽園』へ行って来ました。しかも、朝一番に…。流石に寒かったですが、どんな時も元気に遊び回るベビーちゃんは大喜びであちこち走って散策をしていました。京都市内の幼稚園・保育園では定番の遠足スポットだそうです。

 

↓ 急な雨にも対応出来る屋根付き広場。かなりのスペースがあり、人工芝?らしき物が敷いてあります。何でも興味津々なベビーちゃんは「何だこれ?」と触って確認していました。

f:id:kuksa:20180302230324j:plain

 

それにしても広いです!数字を聞いてもピンとは来ませんが、面積は、3.3ヘクタールだそうです。幾つかのエリアに分かれており、小さな子どもでもそれなりに楽しめます。

 

↓ ベビーちゃんは写真右側の〝夢の山〟と言う遊具の複合体?がお気に入りでした。ちょうど反対側で写ってはいませんが、階段が備えられています。この階段をひたすら上ったり下りたりと昇降運動をしていました。足腰が鍛えられた事と思います。

f:id:kuksa:20180302230507j:plain

 

↓ こちらのエリアでは、写真右側の良く分からない形をした黄色で穴が開いた遊具を楽しんでいました。中に入って外を覗いてはニヤニヤ。とても嬉しそうでした。

f:id:kuksa:20180302230546j:plain

 

他にも、動物のベンチの様な遊具がありましたが、大型のバネが付いて前後にゆらゆらする乗り物の後に乗ったせいか「動け~!」と脇腹を蹴っていました。私も子どもの頃に百貨店の屋上や公園にあるお金を入れて動くパンダやクマの乗り物に乗り、やがて動かなくなると「動け~!」と同じ様にしていたと聞かされます。似ているのでしょうか?ですが、ベビーちゃん程やんちゃでは無かったです…。こちらの『子どもの楽園』ですが、休日となると沢山の親子連れの方が来られています。駐車場待ちをしている車列を見る事もあります。これまでは「どうしてこんなに人気なんだろう?」と思っていましたが、何となく理由が分かった様な気がしました。とても多様な遊具が揃っているので、幅広い年齢層が自由かつ安全に遊べる公園だったのです。また、清掃もしっかりなされており、私たちが行った際にも、綺麗にして下さっている職員の方々の姿を目にしました。と言う事で、ベビーちゃんを連れて行ける遊びスポットのリストに追加したいと思いました。

 

↓ そして、午後にはいつもお世話になっている農家さんから野菜とお漬物の沢庵漬けが届きました。その沢庵漬けの大きい事…。スーパーで販売されている物は形が整えられていて均一ですが、こちらは大根1本丸ごとです。

f:id:kuksa:20180302230611j:plain

 

写真に写っている物だけではなく他にも届きましたが、既に冷蔵庫等に片してしまっていたので、これ位にしておきました。

 今日もベビーちゃんと一緒に、公園で良く動きました。走って逃げると追い掛けてくれる様になったので楽しいです。

 

では、今日はここまで。