天井高いと泣き声響く。

今日は、いつもの奥様とご一緒して烏丸御池周辺をぶらぶらしました。先ずランチに向かったのは『室町二條 みのや』です。こちらでは、とてもオシャレな前菜とお蕎麦のセットを頂く事が出来ます。お店は明治時代の町家を改装された素敵な佇まいで、京都らしさも味わえます。一歩お店の中へ足を踏み入れると、とにかく天井が高く開放的でした。が、しかし!このタイミングでベビーちゃんが大号泣です。相変わらず人見知りの激しいベビーちゃん、ベビーカーの中でウトウトと寝ていたにも関わらず、お店へ入ると「んぎゃ~!」と大音量。しかも、天井が高い魅力的な空間のお陰で泣き声は響く響く…。久々に、何をしても泣き止まない時間に見舞われました。本日1番最初のお客さんとあって、他にお客さんが無く、お店の方も温かく見守って下さいましたが、人見知りスイッチON、しかもボリューム調整機能は故障中の様でした…。

 

↓ 美味しかった前菜。ですが、折角説明をして下さったのに、ベビーちゃんの泣き声が大きく、更にどうやって泣き止ませるかを考えていたので頭に入って来ません。

f:id:kuksa:20180215223658j:plain

 

↓ 季節の野菜が左側。右側には、~のフリット、サーモンの~、豚肩ロースの酒粕漬(?)もう何がなんやら…。

f:id:kuksa:20180215223903j:plain

 

↓ そして、しっかり覚えているのはこの辺りから。お蕎麦です。温かい物と冷たい物を選べます。いつもの奥様は温かいお蕎麦、私は冷たいお蕎麦です。お蕎麦大好きベビーちゃん、食事用のエプロンもせずに思いっきり手掴みで食べていました…。

f:id:kuksa:20180215223932j:plain

 

他のお客さんが来られた頃には、随分大人しくなってはいましたが、最初の大泣きは何だったのでしょうか。その後は、近くのお店を見ながら歩いて回りました。

 

↓ 『しろはとベーカリー』へ。いつもの奥様によると、並んでいる事も多いお店だそうです。全粒粉のパンとクリームパンを購入しました。

f:id:kuksa:20180215224000j:plain

 

とても小さくて可愛らしいお店なので、種類と数はそう多くありません。それでも、どれも丁寧に作られた雰囲気があり、どれを買おうか迷ってしまいました。

 

↓ 続いては『IKARIYA BEIKA KYOTO(いかりや べいか きょうと)』です。

f:id:kuksa:20180215224047j:plain

 

自家製米粉を使ったバウムクーヘンの専門店です。店内には、入ってすぐにお米がザルに受けられていました。正しく、お米を炊く前に水をきっているかの様です。6種類程のバウムクーヘンが販売されており、気になったのは、バウムクーヘンの原型とされるポーランドのお菓子『センカチュ』と言う種類でした。ただ、これはホールでの販売しか見当たらなかったので、カットで販売されている抹茶のバウムクーヘンを購入しました。旦那さんへのお土産です。美味しかったら、次回は『センカチュ』にも挑戦してみたいと思いました。続いて、チョコレートのお店を目的に歩きましたが、今日は催事への出店とやらでお休み。確かに、昨日がバレンタインだったので、その辺りに理由がありそうです。結局「どこかでお茶を…」と向かったのは『RHカフェ』。ここも天井が高くベビーちゃんが泣けば危険ではありましたが、何とか気に入ったお菓子を食べたりごそごそしたりしつつ過ごす事が出来ました。一安心です…。

いつもの奥様には、ベビーちゃんの大泣きで多大なるご迷惑をお掛けしてしまいましたが、「次回は…」と又のお誘いをして頂き、感謝しかありません。次回は、ベビーちゃんが泣かずに過ごせれば良いのですが。。。また、お土産も頂いてしまいました。『村上重本店』の蕪漬けです。細く刻まれた蕪の切漬、とろりとした食感とすっきりとした味わいで、以前頂戴した際も1袋ペロリと平らげてしまいました。食べる前に写真を…と思っていましたが、すっかり忘れて食べてしまいました。

 

今日も1日、ベビーちゃんの大泣きを除けば、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。日常の様子等、色々なお話を聞いて頂き、奥様からの新しい情報も教えて頂きました。また次回、ご一緒出来る日がとても楽しみです。

 

では、今日はここまで。