ガーリック風味落花生。

昨日、いつもの奥様から台湾旅行のお土産としてガーリックの香りがついた落花生を頂きました。と言う事で早速!!!

 

↓ これがガーリック風味の落花生。

f:id:kuksa:20171130204314j:plain

 

↓ 袋を開けてみると…ふんわりガーリックの香りがします。

f:id:kuksa:20171130204838j:plain

 

↓ 写真はあまり綺麗ではありませんが、割ってみるとこんな感じ。この段階でも、さほどガーリック感は強くありません。

f:id:kuksa:20171130204916j:plain

 

が、しかし!1粒口の中に入れてみると、途端にガーリックが前面に出て来ます。ガーリックの主張、ここで本領発揮です。日本では出会う事の無い珍しい落花生でした。台湾には、私も何度か訪れていますが初めての出会いです。このまま、おつまみとして頂いても良いですが、アジア風のサラダを作った際のトッピングに掛けてみても香りと食感が楽しめて良い様に思いました。

 

最後は、初めて繋がりで、初めて食べてみたお米の品種についてです。スーパーのポイントが気が付けば貯まり、更に気が付けば期限が迫っている…と言う事で、何かに引き換えねばと思い、お米にしてきました。

 

↓ 以前から気になっていたお米『みずかがみ』です。

f:id:kuksa:20171130205708j:plain

 

滋賀県で栽培されたお米は『近江米(おうみまい)』と呼ばれていますが、その中でもこの『みずかがみ』は滋賀県にて育成された独自の品種です。平成25年(2013年)の秋にデビューしたこちらの品種、温暖化対応品種として育成されたそうで、高温に強く、猛暑の年でも品質が安定しているそうです。農業の世界においても、環境問題や環境の変化に対応した品種を作出しようと日夜研究されている事を実感します。

では、今日は落花生とお米のお話でした。

 

明日からは12月。今年も残す所、1ヶ月となりました。師走の忙しさに負けて時間に追われぬよう、日々確実に過ごして行こうと思います。