どんぐりが落ちて来る。

前日に天気予報を見ていると、午前中は蒸し暑く、午後の遅い時間帯は、暑いもののカラッとしている、とありました。そこで、夕方遅くに『宝ヶ池公園』へお散歩に出掛けました。ベビーちゃんのベビーカーは旦那さんが押してくれているので、私はフラフラと気になる物を観察しては歩き進めます。すると、空からポトンと何かが頭に落ちて来ました。

  

↓ 「何だろう?」と見てみると、実の付いたどんぐりの枝です。もう一度足下を確認すると、至る所に同じ様などんぐり付きの枝が落ちています。「何で?」と思いながらボーっと眺めていると、また落ちて来ます。

f:id:kuksa:20170827215126j:plain

 

↓ 旦那さんに「こんな緑色のも落ちて来る!」と言うと「房の状態で落ちて来るのは、虫の仕業かも」と。色々聞いてみると『チョッキリ』と言う虫が切り落とした可能性が高い事が分かりました。

f:id:kuksa:20170827215155j:plain

 

『チョッキリ』は、枝をチョッキリするから『チョッキリ』との事。安易ですが、可愛らしい名前です。この落ちて来たどんぐり、中を見てみると今は卵、いずれは幼虫が見つかるそうです。卵を産んだどんぐりを枝ごと切り落とす『チョッキリ』、私はその〝チョッキリ入りどんぐり〟に当たっていた様です…。どんぐりを当てられたと聞くと悲しいですが、虫が一生懸命に切り落とした結果だと思えば、何も気にならず、気を取り直してお散歩を続けました。

 

↓ 綺麗な黄色いきのこに遭遇。『チャツムタケ』の仲間かな?

f:id:kuksa:20170827215222j:plain

 

↓ 『オニイグチ』らしききのこも発見です。

f:id:kuksa:20170827215357j:plain

 

↓ 夕日に照らされたボロボロのきのこ。『ノウタケ』かな?漢字で書くと『脳茸』…。脳に似たきのこです。

f:id:kuksa:20170827215434j:plain

 

↓ 『オオムラサキホコリ』です。変形菌と呼ばれる仲間の一種で〝菌〟と付きますが〝きのこ〟ではありません。

f:id:kuksa:20170827215307j:plain

 

↓ いつも休んでいるベンチに座ると、近くで黒い虫がお亡くなりになっていました。良く見てみると『ミヤマクワガタ』のメスです!こんな公園で出会えるとはびっくり!折角なら、元気な時に会いたかったですが…

f:id:kuksa:20170827215503j:plain

 

↓ お次は『メガネサナエ』か『オナガサナエ』らしきトンボです。

f:id:kuksa:20170827215948j:plain

 

偶然、近くにとまったこのトンボ、旦那さんが上手に捕まえました。そして、ベビーちゃんに見せると、じーっと観察、とても興味がある様子でした。大きな音を出すセミは嫌いな様ですが、トンボは大丈夫でした。

 

↓ 1時間ちょっとのお散歩でしたが、色々な生き物を発見しました。そして、木陰を通り抜けていく風はカラリと爽やかで、秋の始まりを感じさせました。

f:id:kuksa:20170827220127j:plain

 

午前中は日差しも強く真夏、午後も終わり頃の夕方になると秋を感じる1日でした。今後暫くは、暑い日と涼しい日を繰り返しながら徐々に秋本番へと季節が進んで行くのだと思います。

 

↓ 更に少し時間が過ぎると、太陽の日差しも和らぎ、樹々の色がしっかりと見えました。すると、中には、紅葉に近付いている様な木も見えました。枯れているだけだと、残念ですが…。

f:id:kuksa:20170827220218j:plain

 

今日ご紹介した生き物の他に、定番の鹿さんとも出会いました。その様子はまた次回にでも。

 

話は変わって…今日、米子ママからベビーちゃんの服が届きました。プレゼントです。ベビーちゃんに見せようと順番に渡すと興味津々。自分の服だと分かっている様です。何度畳んでも、ぐちゃ~と広げ、それぞれ確認する様に眺めていました。中には、リバーシブルになったもこもこのうさぎがついたベストがあったのですが、そのもこもこ質感を気に入ったのか、何度もその服を触ってはほっぺたをくっつけて喜んでいました。米子ママに「届きました」の報告と御礼の連絡をして、ものの数分後、私の実家からも連絡がありました。すると、そこには「ベビーちゃんのお洋服みーつけた」と。有難い事に、どっちのじいじばあば達もいつもベビーちゃんの事を思ってくれています。旦那さんもご機嫌で「良かったね~」と言っては、米子ママから届いた服をベビーちゃんに見せつつ自分も眺めていました。

 

では、今日はここまで。