夏が終わる1歳になる。

ここ1週間程、ベビーちゃんのお誕生日お祝い週間でした。それはもう派手なキャンペーンの様な日々でした。この1年を思い返してみると、病院内の産科・小児科の先生方と助産師さんを独り占めしてしまう様な事態に見舞われた出産、その後も無事に育ってくれるかと心配をする日々が続きました。が、しかし!本当にありがたい事に、今となってはやんちゃが過ぎる程に元気いっぱいで、当初の心配はどこへやら~です。今年のお誕生日のメインイベントは、旦那さんの実家にてお誕生日会を開く事でした。

 

↓ 旦那さんの実家は鳥取県。お祝いの会場は『米子全日空ホテル』の『雲海』です。ちなみに『米子全日空ホテル』は10月から『ANAクラウンプラザホテル米子』に名称が変わるそうです。

f:id:kuksa:20170815190315j:plain

 

↓ 米子ママが事前に打ち合わせ迄して下さって、素敵なお部屋とお食事を楽しみました。

f:id:kuksa:20170815190400j:plain

 

少しずつおさまって来たものの、人見知りが始まって以降、親以外に抱っこをされるのを嫌がります。なので、今回もまともに笑顔で抱っこして貰う事が出来ず、食事も旦那さんと交代です。

 

↓ 幾つものメニューを写真に撮り忘れながら、何とか数枚撮影していました。

f:id:kuksa:20170815190426j:plain

 

↓ メインのお料理や天ぷら等は写真に残っていません…。大失敗です。

f:id:kuksa:20170815190458j:plain

 

↓ どのお料理も可愛らしく、素敵でした。

f:id:kuksa:20170815190525j:plain

 

↓ 大粒のヤマモモが美味しかったです。

f:id:kuksa:20170815190556j:plain

 

旦那さん方の米子ファミリーと私の両親、みんなでベビーちゃんの様子に目を細めつつ、この1年を振り返って思い出話を楽しみました。そして、食事の前には、大切な行事を行いました。〝選び取り〟と〝一升餅を背負う〟です。

 

↓ 〝選び取り〟では、米子ママがこれらのカードに本物のハサミやお金をくっつけて準備していて下さいました。

f:id:kuksa:20170815190636j:plain

 

ベビーちゃんは、どれを選ぶのか…と固唾をのんで見守っていると、風船の付いた「大きく羽ばたく、世界に通用する」を選びました。その他では、筆・ペンとハサミにも触れましたが、やはり風船を選び取りました。旦那さんが名付けた名前には、世界に通用する様にといった意味が込められています。どうやら思い通りに進んでくれている様ですが、さていつまでそのままかな?と思います。子どもは親の願い通りにはなってくれずに心配を掛ける物です。一升餅も背負いました。会場のホテルでは洋服でリュックの中に入れて、米子のお家では袴に着替えて私の子どもの頃の兵児帯に包んで、背負いました。洋服の時には嫌がるだけで無事に立つことも出来ましたが、袴姿の時には余りの重さに泣いて抵抗してしまいました!その時のお餅はホテルにお願いして下さった紅白で合計一升のお餅でしたが、他にも、小分けしてお裾分けが出来る名前入りの特別可愛らしいお餅も米子ママが準備して下さいました。お餅自体に名前が印刷されていたので写真の掲載はありません。ホテルでの全イベント終了後は、旦那さんの実家で集まり、大きな大きなケーキで改めてお祝いをしました。そして、旦那さんと私からの感謝の気持ちを込めて、ベビーちゃんの1年間の成長が分かる写真集をプレゼントしました。とても喜んで貰い、長い時間をかけて作った甲斐があるなぁと思いました。今回のメインイベントは米子にて開催でしたが、その前後にも私の実家では行きつけの中華料理屋さんのコース料理で前祝、米子の後には、旦那さんにとって米子ママ方のおじいちゃんおばあちゃんのお家がある松江、最後に自宅の京都と何度も何度もお祝いをしました。頂いたケーキの数だけで言うのであれば、既に5歳位になっていてもおかしくない数です!

 

↓ そして、最後に京都では夏の終わりを 告げる『五山の送り火』の日にお祝いをしました。とは言っても、全体的に日常と変わりありませんでした。先ずは、朝から畑です。20日には、冬野菜の作付準備の為、全て撤去されてしまうので、それに備え小さい物も全て収穫して来ました。

f:id:kuksa:20170816235105j:plain

 

お世話になっている農家さんをお見掛けして挨拶をすると『賀茂なす』を3つ下さいました。嬉しいです!

 

↓ その後は、古本市へ。毎年この時期に開催される『下鴨納涼古本まつり』ですが、今年は11日から始まり今日が最終日。本来であれば初日に行く所ですが、ベビーちゃんのお誕生日祝いと重なった為、今回は最終日に行きました。

f:id:kuksa:20170816235142j:plain

 

↓ 初日とは違って、お客さんも疎らですが、お店によっては最終日セールを行っており、旦那さんも運良く格安で欲しい本を手に入れる事が出来ていました。

f:id:kuksa:20170816235238j:plain

 

↓ 本ばかりに気をとられますが、会場である『糺の森』の樹々は大きく、良く見ると何かしらの生き物が発見できます。今日は縦型のカタツムリの様な『キセルガイ』の集団を発見しました。

f:id:kuksa:20170816235309j:plain

 

本探しをて端から端まで歩いた後、近くの『Falafel Garden(ファラフェルガーデン)』にて少し早い目のランチにしました。

 

↓ 私はいつも通り、ファラフェルのサンドイッチ。旦那さんは初めてプレートご飯にしました。

f:id:kuksa:20170816235410j:plain

 

ここ迄が、本日の前半です。一度帰宅をして郵便BOXを確認すると…ベビーちゃん宛のプレゼント、電報等の不在伝票が入っていました。ここで、ようやくお誕生日だ!と改めて認識しました。

 

↓ 再配達で届いた友達からのプレゼントをあけようとするベビーちゃんです。

f:id:kuksa:20170816235646j:plain

 

今回のお誕生日、約1週間掛けて本当に沢山の方にお祝いして頂きました。ありがとうございました!そして、プレゼントの数々…。洋服、1歳から乗れるペダルの無い三輪車らしきD-BIKE mini、絵本、おもちゃ、タオル、ぬいぐるみ電報、御祝…写真では、ほんの一部しか掲載出来ていませんが、とにかく沢山です。中には、同じ病院で生まれたお誕生日が近いお友達からのメッセージもあり、感謝でいっぱいです。やんちゃばっかりしているベビーちゃんですが、周りの方々に大切にして頂き、すくすくと育つ事が出来ています。今は未だ幼くニコニコしている所ですが、いつか大きくなったら、生まれる前からずっとずっと周囲の方々に温かく見守られて育った事、みんなに大切にされている事を知って欲しいなと、思いました。

最後に…ベビーちゃんと言えば『五山の送り火』です。昨年は、大雨の中、病室にて「雨で見えないなぁ~」「中々火がつかない?」と思い窓の外を覗き込んでいましたが、今年は親子3人で眺める事が出来ました。家のベランダからも見えますが、旦那さんも「見に行こう!」と。

 

↓ 8時丁度、炎が少しずつ広がり完璧なタイミングで浮かび上がった大文字。手前に小さく写っている〝大〟の文字は、近くで鑑賞されていた方のタブレットです。〝大〟が大小2つ。何だか縁起が良い気がします。

f:id:kuksa:20170817000351j:plain

 

 

 昨年は、ベビーちゃんが生まれるのに際し、沢山の方々に本当にご心配をお掛けしました。中でも旦那さんは、パパになった日の夜、病院の帰りに激しい雨の中『五山の送り火』を見ながら帰宅したそうです。京都に夏の終りを告げる伝統の行事、1年経った今回は今まで以上に思い入れのある物となり、旦那さんはベビーちゃんを抱っこして、じっと空を見上げていました。暫くすると、ベビーちゃんが生まれた時の様子を話し掛けていました。こうして、今年の夏と共に0歳を終え、ベビーちゃんは1歳になりました。ベビーちゃんの成長をお祝いして下さった皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします。1歳の1年も良い事でいっぱいになります様に。

 

今回は、ここまで。

2歳に向かって歩み始めます!!!