青い空間で5色に輝く。

昨日は、休暇ごとに京都に遊びに来てくれる友達と5月のゴールデンウィークぶりに会いました。今回もいくつか用事が重なっていたので、午後にお茶をして少しお店を見て歩く程度しか出来ませんでしたが、楽しい時間でした。行先は友達が提案してくれた喫茶店『喫茶ソワレ』です。こちらは、カフェではありません。喫茶店です。

 

↓ 戦後間もない1948年に創業、店内の照明は全て青色で独特の雰囲気です。幾つかあるメニューの中で最も人気なのがこちら、2代目の社長夫人が考案された〝ゼリーポンチ〟です。

f:id:kuksa:20170809030029j:plain

 

↓ 青い照明のもとで5色のゼリーが輝きます。

f:id:kuksa:20170809030109j:plain

 

見た目にはとても美しく、味についてはそのままゼリーと炭酸ジュースですが、こちらの魅力はそこではありません。お店の空間なのです。創業者の方がフランスで絵画留学をされた東郷青児と親しかった事により、至る所にその作品を見る事が出来ます。最初に出て来るお水のグラスにもデザインが施されています。そんな東郷青児によって、お店の名前『喫茶ソワレ』も名付けられたそうです。フランス語で〝夜会〟と言う意味です。また、店内の照明に使われた青色は女性を美しく見せる色として採用されているのだとか…。それに、店内の木の彫刻もとても見事です。ちなみに、画家・東郷青児ですが、今年が生誕120周年であり、広島→東京→福岡→大阪と巡回展示が企画されています。

 

↓ 外観1階部分。常に外で誰かが待っています。私たちがお店を出る際にも行列が出来ていました。

f:id:kuksa:20170809030155j:plain

 

↓ 外観2階部分。2階の方が明るい空間だそうです。今回、私たちは1階に案内されました。

f:id:kuksa:20170809030409j:plain

 

↓ 外観のてっぺん部分。風見鶏ならぬ風見鹿(?)が見られます。

f:id:kuksa:20170809030436j:plain

 

昔ながらの喫茶店だと『喫茶ソワレ』の他にもいくつか気になっているお店があります。最近はイマドキでおしゃれなカフェに行く事が多かったのですが、レトロな喫茶店を巡るのも良いかもしれないと思いつつお店を後にしました。そして、次の目的へ向かって移動です。

 

↓ 移動の途中『四条大橋』を歩いていると友達が「四つ葉!」と。これだけで意味が分かるのは京都に縁のある方だけかもしれません。

f:id:kuksa:20170809030503j:plain

 

詳しく説明をすると、京都市内を走るタクシー会社は複数ありますが、その中の一社に『ヤサカタクシー』があります。このタクシー会社、会社のマークから〝三つ葉タクシー〟とも呼ばれているのですが、ほんの数台だけ三つ葉のクローバーでは無く、四つ葉のクローバーが描かれた限定車があるのです。この四つ葉のタクシーに乗ると、記念乗車証が貰えたり幸運に巡り合えたりするとされています。なので、とっても縁起が良いタクシーなのです。このタクシーを追い掛けつつ写真を撮っていると、随分次の目的地に近付きました。

 

↓ 途中、こんなに可愛らしいオバケとも遭遇です。『鍵善良房』の提灯です。季節の人気商品〝くずきり〟の看板も出ていますが〝くづきり〟と表現されています。

f:id:kuksa:20170809030533j:plain

 

↓ 着きました。目的地です。友達にも「今日はここに行かなければならない!」と伝え、興味があるか聞いてみると「行く!」の返事。お付き合い頂きました。

f:id:kuksa:20170809030603j:plain

 

鞄をゆっくり探そう~♪と言うのでは無く、今回は受け取りです。と言うのも先日の事、ベビーちゃんの1歳のお誕生日に一升餅を背負う用のリュックを買いに行きました。それも、随分悩み、悩みに悩んで決めたのです。子どもらしく可愛い物にすべきか、実用性の高い物にすべきか…そして、色々と考えた結果、本物の品を長く大切に使う気持ちを持って欲しいと思い、シンプルでありながら職人さんの技術によって丁寧に仕上げられた鞄・リュックを扱うお店『一澤信三郎帆布』を選びました。このお店、かなりボロボロになっても修理をしてくれます!そんな一澤さんのリュックを選んだものの、悩む時間が長すぎたせいで、必要な日も迫る中、やっとこさ買い求めに行ったのです。すると…商品は沢山あるものの欲しい色がありません。お店の方に確認をすると工房からのお返事で8月末なら出来上がります…との事。別の色にするか…いや、でもやっぱり…と、ここでも悩んでいると「何か特別な用途ですか?」とお店の方が聞いて下さいました。「実は、もっと早くに買いに来るべきだったのですが、この子のお誕生日に使用したくて…初めての物だからこそ長く使える物をと思ったのですが…」とお話をしました。それを聞いたお店の方は「もう一度確認します」と言い残し、すぐに行ってしまいました。数分待っていると「いつまでに必要ですか?」と。出来れば8日迄には手元にあって欲しいと希望を伝えると、またもや足早に行ってしまわれました。もしかして…と期待を持ちつつ待っていると「大丈夫です」とのお返事。工房の職人さんにも生産計画があるのではないかと思いますが、本当にご無理を聞いて頂きました。取り次いで下さった方、工房の職人さん皆さんに感謝です。店頭で販売されている商品、どれも使う人の事を思い、大切に仕上げて下さっていると思いますが、今回ベビーちゃん用に特別に仕上げて頂いた事で、欲しかったリュックが一層素敵な作品に感じられました。この思いが詰まったリュック、ベビーちゃんには長く大切に使って欲しいと思います。このリュックを受け取った後、友達と共に『漢字ミュージアム』のショップや『BAL』、『minä perhonen(ミナ ペルホネン)』に行きました。『BAL』では素敵なラッピングペーパー、『minä perhonen』では、小さなファブリックセットを購入しました。この小さな布は、くるみボタンにしてブローチを作る予定です。そして、先に買ったベビーちゃんのリュックを飾ろうと考えています。

 

昨日は早朝より畑へ出掛け、午前の内にベビーちゃんの小児科、午後に友達と会うハードスケジュールでした。流石にちょっと疲れたな…と思うのですが、もうこんな時間。日付も変わり朝4時半です。そろそろ寝なければと思います。

早朝の畑では、前回のママ友との収穫体験以来、約1週間ぶりでしたが、今迄以上に沢山収穫出来ました。ベビーちゃんの小児科も完治しつつある風邪の薬を頂いて来たのでした。忙しい1日も無事終了です。

 

では、そろそろおやすみなさいです。