今年も花火を便乗鑑賞。

今年も開催された『京都国立国際会館』の恒例行事〝乾杯の夕べ2017〟ですが、ちゃっかりと打ち上げ花火の❝便乗鑑賞❞をして来ました。21日(金)と22日(土)の2日間、夜8時頃から次々と打ち上げ花火が上がりました。昨年は見る事が出来ませんでしたが、今年は一昨年に比べて夜空が明るく微妙であった上に、2日目の昨日については急な強い雨で少し残念でしたが、十分に楽しみました。

 

↓ 親子3人で並んで花火見物。

f:id:kuksa:20170723011329j:plain

 

↓ ベビーちゃんは人生初の打ち上げ花火。ですが、あまり興味が無く、集中して見ていたのは最初だけです。

f:id:kuksa:20170723011400j:plain

 

↓ 横向きになっていますが、花火でニコちゃんが描かれました。

f:id:kuksa:20170723011428j:plain

 

↓ シンプルな色とデザインも夜空に引き立ちます。

f:id:kuksa:20170723011454j:plain

 

↓ 打ち上がった瞬間は勿論綺麗ですが、消えゆく瞬間も儚く美しいです。

f:id:kuksa:20170723011517j:plain

 

↓ 写真では上手に表現出来ていませんが、ピンク色がとても可愛らしい花火でした。

f:id:kuksa:20170723011551j:plain

 

↓ 2日共、クライマックスは複数の花火が同時に打ち上げられました。音もリズミカルにポンポンヒュルル~と。

f:id:kuksa:20170723011619j:plain

 

先日も〝素敵な花火見ぃつけた。〟として『筒井時正玩具花火製造所』についてご紹介しましたが、やはり私は花火に惹かれます。その時だけは、夏の暑さもすっかり忘れて見入ってしまいます。手持ち花火も小さな幸せを感じますが、打ち上げ花火は夜空を見上げた人みんなを楽しませてくれます。私たち親子3人の様に❝便乗鑑賞❞が叶うので大きな幸せを運んでくれます。それにしても、何かと私にそっくりらしいベビーちゃんですが、花火だけは関心が薄く似ていませんでした。今は未だ「大きな音がするな」程度なのかもしれませんが、成長と共に興味を持ってくれたら嬉しいなと思います。その頃には、私が子どもの頃に着ていた浴衣も着られるかな~?と期待しています。

 

夏の夜を彩る打ち上げ花火についてでした。