京の伝統野菜を初収穫。

今日の朝は早かったです。とにかく早起き、その目的は〝畑へ行く〟でした。上賀茂地区で作られる京都を代表する伝統野菜『賀茂なす』の夏野菜オーナー制度に申し込んで早1ヶ月と少々…。遂に、収穫です!!!

 

↓ 丸々と育った『賀茂なす』です。

f:id:kuksa:20170714211853j:plain

 

↓ 『賀茂なす』の花。

f:id:kuksa:20170714212035j:plain

 

↓ こちらも伝統野菜『鷹ヶ峯とうがらし』です。

f:id:kuksa:20170714212123j:plain

 

これらの野菜、実はもっともっと早く収穫が出来ていたのですが、申し込んだ際の確認が不十分だった為に、2週間以上(?)遅れてしまったのです。それでも、大切に育てて下さっていたお陰で、このタイミングでも『賀茂なす』と『鷹ヶ峯とうがらし』のどちらも全く問題なしでした。そして、オーナー制度で契約をしている私たちの苗木からも十分に収穫が出来、とても満足をしていたのですが、そこへ本来のオーナーさんが来られ「これ、持って帰って~」とピカピカの『賀茂なす』3つを分けて下さいました。いくつあっても嬉しい『賀茂なす』です。喜んで頂きました!!!

 

近くには、伝統野菜の他にもピーマンや一般的な形をした千両なす、胡瓜にズッキーニが見られましたが、ズッキーニの多くは盛りを過ぎ、方々に伸びた枝がしんなりしていました。

 

↓ キュウリは未だこれからも収穫出来そうです。

f:id:kuksa:20170714212829j:plain

 

随分早い時間に到着し、野菜を見ていたのですが、その頃には既に太陽も高く、目の下に粒の汗がたまる暑さでした。本来のオーナーさんとも少しお話をし、私たちがオーナーとなった苗にも挨拶をして畑を離れました。その時間は、早目の朝ご飯にぴったりの時間でした。旦那さんが「ちょっと贅沢をして~」と言うので、近くの北山通にあるカフェにて朝ご飯を食べる事にしました。ですが、開店まで少し時間があります。そこで、時間を潰すのには最適な場所である鴨川へお散歩を兼ねて移動しました。

 

↓ 畑から5分程です。

f:id:kuksa:20170714213748j:plain

 

朝のウォーキングをする人や犬のお散歩をする人、色々な人が思い思いに自由に過ごしておられます。こんな時、京都の良さを改めて実感します。ちょっと出れば街中、ちょっと出れば自然豊かな山や川、そしてそれらを取り巻く伝統文化。旦那さんもご機嫌で周りの景色を眺めていました。

 

↓ 『ムラサキツメクサ』が朝日に照らされています。ベビーちゃんにあげるも、フリフリ…パクっと口にするので取り上げました。

f:id:kuksa:20170714214123j:plain

 

過ぎ行く人々に声を掛けて頂き、会話を楽しみながらのんびり過ごしました。そして、面白い(?)事に必ずベビーちゃんは性別を間違えられます…。何故でしょうか?分かりやすい色の服を着ても、必ず反対の性別だと思われてしまいます。ある意味、色のイメージにも打ち勝つ顔立ちなのかもしれません。

 

↓ さて、そろそろ朝ご飯の時間です。全身で朝日を浴び、気持ちよく出発です。

f:id:kuksa:20170714214439j:plain

 

↓ カフェに到着。旦那さんはプレーンオムレツにしていましたが、私はキッシュ。どちらのメニューもパンがいくらでも食べられる様になっています。流石、パン屋さんカフェです!!!

f:id:kuksa:20170714214630j:plain

 

↓ 「いかがですか?焼き立てです」と何度も届けに来て下さいます。「もうお腹いっぱいです」と伝える迄、ずっとです。

f:id:kuksa:20170714214838j:plain

 

1階で販売されているパンと同じなので、どれも美味しいです。それに、焼き立ては香りも良く、魅力的でつい食べ過ぎてしまいます。上賀茂は北山通から数メートル北側へ入っただけの場所です。いつも見て回る北山周辺の雑貨屋さんは未だ開店前で開いていませんでした。それでも、静かに木々の間を抜ける風を楽しみながら歩く北山通はとても素敵でした。その後は、真っ直ぐに帰宅です。

 

↓ 今日の収穫。

f:id:kuksa:20170714215109j:plain

 

早起きは三文の徳と言いますが、今日は1日、色々な事をして充実した時間を過ごす事が出来ました。『賀茂なす』と『鷹ヶ峯とうがらし』は、どちらも未だまだ収穫の時期が続きます。定期的に畑へ行こうと思います。

 

では、また。