待ちに待った祇園祭へ。

昨年は入院をしていたので行けなかった『祇園祭』ですが、今年は行く事が出来ました!しかも、ベビーちゃんが加わり初の親子3人です。今日は、山鉾の試し曳きである曳き初めの日、と言う事で、各会所では『粽』等の厄除けやグッズの販売がスタートします。待ちに待った日がやっと訪れました。

 

↓ 先ずは『長刀鉾なぎなたほこ)』に行かねば話になりません!!!『祇園祭』の前半である〝前祭〟において先頭を行き、縁起の良さはピカイチの様に感じます。

f:id:kuksa:20170713213908j:plain

 

↓ 近くには、沢山の提灯が並びます。

f:id:kuksa:20170713214004j:plain

 

↓ 反対側の車線に離れてやっと見えますが『長刀鉾』の名の通り天辺には大長刀がついていますが、南向きです。それには理由があり、御所と八坂神社を避けた方角に向けられているのです。

f:id:kuksa:20170713214328j:plain

 

↓ 各山鉾を彩る胴掛は、どれもお見事です。

f:id:kuksa:20170713214741j:plain

 

『粽』は、その日その日の販売数が決められているので、午後にのんびり…だと、無くなってしまう可能性が高く、中でも特に早く品切れとなる『長刀鉾』に先ず行かねば!と向かいました。そして、『粽』が手に入ってしまえば、後は気の向くまま足の向くままです。途中、お買い物も済ませて『祇園祭』の続きです。『長刀鉾』から四条通を西へ進むと『函谷鉾(かんこほこ)』が見えてきます。こちらは、妙に商売っ気が強く、どこよりも「粽~粽はいかがですか~厄除けの粽~」と呼び込みの声に風情を感じないので通過し、ママ友で仲良くして下さっている方の住む『船鉾』の町へ向かいました。

 

↓ 個人的には『船鉾』の形が最もお気に入りです。本来の美しさとは関係ありませんが、写真に撮りやすい点も魅力の一つです。昨年は、安産祈願のご利益があるとして、旦那さんはこちらの『粽』を買い求めて来てくれました。お陰様で、安産とはいきませんでしたが、何とか無事でした。

f:id:kuksa:20170713215430j:plain

 

↓ 曳き初めのタイミングは『船鉾』の足下にいました。久々にママ友にも会う事が出来、短い時間でしたが、お話もしました。何せ、会所でのお仕事を分担されているとやらで、とても忙しくされていたのです。

f:id:kuksa:20170713215840j:plain

 

曳き初めには、沢山の方が参加され、どこからともなく観光客が集まって来ました。暫くは、曳き初めの様子を見学し、その後は、少し北側へ移動し、他の山鉾見学もしてきました。その一部はこんな感じでした。

 

↓ 北側へ…と書きつつ南側ですが、『船鉾』の南側に位置する『岩戸山』です。

f:id:kuksa:20170713220248j:plain

 

↓ 『岩戸山』の胴掛。

f:id:kuksa:20170713220320j:plain

 

↓ 『綾傘鉾』は独特の形をしています。

f:id:kuksa:20170713220608j:plain

 

↓ 巡行の際に用いられる鬼形等が祀られているのですが、一瞬ドキッとします。

f:id:kuksa:20170713220736j:plain

 

↓ 『菊水鉾』です。

f:id:kuksa:20170713221019j:plain

 

↓ 『菊水鉾』の胴掛。

f:id:kuksa:20170713221109j:plain

 

↓ 『粽』の販売。京都市内を歩いていると『長刀鉾』の『粽』を玄関に掛けておられるお家を目にする機会が多いのですが、黄色・緑・赤の3色が配された『菊水鉾』の物も多い様に思います。きっと人気なのですね。

f:id:kuksa:20170713222108j:plain

 

この他にも『月鉾』や『放下鉾(ほうかほこ)』等、沢山見学をして来ました。未だ建てている最中の所もありましたが、満足です。そして、今日の1日、親子3人で…と書きましたが、これらの山鉾見学であちこちを移動して見て回ったのは、私とベビーちゃんの親子2人です。旦那さんは、今日はお仕事だったので、夕方の遅い時間に待ち合わせました。その為、私とベビーちゃんは途中で中断し、一度京都駅にお迎えに出てから、再度3人で回ったのでした。だからこそ、こんなにじっくりと楽しむ事が出来たのです。それでも、旦那さんは、暑いのが苦手にも関わらず、ベビーちゃんとの写真を目標に大きな温室に包まれた様な『祇園祭』の蒸し暑いエリアをも一緒に歩いてくれました。良く頑張りました!そして、十分堪能した『祇園祭』の様に見えますが、未だこれからが本番です。それに、今年は後半の後祭に期待しています。何故なら…『八幡山』に用事があるのです。ここは、一般的に言われる〝八幡さん〟と同じご利益で子どもの夜泣き封じや夫婦円満が挙げられています。今の所、ベビーちゃんは夜泣きも無く夫婦円満でもありますが、子どもを守って下さると聞けば行かねばなりません!それに『粽』の他に授与品として八幡さんらしく〝鳩笛〟や〝鳩鈴〟があるのです。これを求めて後祭にも行きたいと思っています。当のベビーちゃんは、各山鉾がとても気になるのか、ベビーカーから身を乗り出して見て楽しんでいました。

 

↓ 最後に…今日頂いたパンフレットや地図、うちわ等。『粽』は最初に授与して頂いた『長刀鉾』の物です。

f:id:kuksa:20170713232458j:plain

 

では、今日はここまで。