またまたヤマモモ発見。

少し前の事、例年『ヤマモモ』を採っている場所にて、ほんの少ししかなかった実を集め朝食1回分のジャムを作りました。そして、その時は「今年は遅いし、実もイマイチだなぁ」と思っていたのですが、前回採った場所とは異なる所にて、木がしなる位に実っていました。

 

↓ 手が届く所の分だけ、手持ちの袋2つに集めました。

f:id:kuksa:20170706212844j:plain

 

↓ 瓶3つ分のジャムが完成です。ですが、今回のジャムは少々色が悪くなってしまった上に渋みが出てしまいました。何故でしょうか?それでも『ヤマモモ』特有の酸味と香りは十分に楽しめます。

f:id:kuksa:20170706213020j:plain

 

ここ最近の雨の影響か『ヤマモモ』だけでなく、きのこも出ていました。これからは、きのこの季節です。食べられるきのこを見つけるのも嬉しいですが、毒たっぷりでも見た目の愛らしいきのこと出会う事もこれまた楽しいひと時です。

 

↓ 梅雨の蒸し暑さを吹き飛ばしてくれそうな白さが美しいテングタケの仲間です。

f:id:kuksa:20170706213340j:plain

 

『ヤマモモ』を集めていると、すっと横に来て一緒に『ヤマモモ』を集め始めたお兄さんがおられました。「気付きませんでした!」と言いつつ『ヤマモモ』を発見した事を嬉しそうにされていました。「植物にご興味がおありですか?」と聞いてみると、楽しそうな表情で色々とお話をして下さり、最近農業にチャレンジされている事や『クロモジ』の木を蒸溜してアロマウォーター(?)を作られた事を聞かせて下さいました。他にも、私がきのこが好きな事をお伝えすると、その方も少し勉強をされている様な事を仰っていました。現在は「ニートです」との事でしたが、とてもバイタリティーのある方だったので、きっと何かしら成功されると思います。近い将来、好きな事を見つけて進んで行かれると良いなと思いました。

山や公園には、色々な方が来られます。すれ違うだけの方は分かりませんが、声を掛けて下さる方はみんな自然を愛する良い方である様に思います。

 

では、今日はここまで。